みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

アステリズム(星結び)

知っている人は知っているとも思いますが、Palomarについて具具っていたら、 
deep-sky.co.ukというHPにアステリズム(星結び)のページがありました。
SFTVのスターゲイトや映画をもじったものもあり、なかなか楽しめます。

こんな感じです。

名称       赤経        赤緯       星座  大きさ  掲載写真番号
Stargate 12h 35.7’ -12˚ 01’ COR 6' 20
解説
6 stars in a small but striking geometric pattern. SW from M104.
小さいが印象的な幾何学的パターンの6個の星。M104の南西(1°)

このHP、ヒクソンギャラクシーカタログ(HGC)やpalomarなども載っていて少し深い部分をかいまみれます。

アステリズム
星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

20th 原村星祭 2013.8.2-8.4

今年も行ってきました。
一度長野の実家に帰り車にテントを積んで下道70分で到着。
15時半に到着しましたが既にテントスペ-スは満杯。
一人で2人分占拠している人のターフの目の前になんとか設営。
20周年のためか、もしくは人気があがったせいか、
年々埋まる時間が早くなっています。
今年はアキノリ君が17年目にして初めて
欠席したのが唯一の残念事項でした。

愛知県を中心とする気ままに観望メンバーとは1年ぶりの再会。
O森さんとのninoさんの50cm砲の3年ぶりのダブル建立。
会場も大口径が普通の景色になりつつあります。
そして留まることを知らない「かつ&すずさん」の萌々パワーアップ。
多くの方が写真に収めていたのがこれです。
miku_201308061422415a0.jpg

さらに73(NASA)バッチも。
nasa.jpg
これは月面発光現象データをアマチュアも協力して観測しようという
プロジェクト普及の一環として作製されたそうです。

その中で、毎年来られていたけど一度も話したことがなかった
北陸の方々と交流できました。
特に旋盤冶具からご自分で製作するというO塚さんや
ゆすらこさんとの出会いは撃的でした。
O塚さんの元祖、天ガの「私の愛器」のプレートがある自作33cmの
ドブソニアンがこちらです。
sada.jpg
あっ、決して中心部分を拡大しないでください。

支柱は別にして、収納するとこんなにコンパクトになります。
oohasi.jpg

20年以上現役だそうです。
最後に見せていただいたポケット赤道義も衝撃的でした。
発想の柔軟さとそれを具象化できる技術を兼ね備えておられて感心しっぱなしでした。
北陸には、まだまだすばらしい人材がいらしゃると聞き新たな刺激を受けました。
その土地柄からか、ご自身で積極的に発信されることはないようでしたが、
その情熱と探究心の深さは素晴らしいと思いました。

イベントの方ですが、抽選会は相変わらず当たらず(17年間一度も)でしたが、
714番さんなどは翌日も2度目の当たりを出す中クジ運のなさを再確認しました。
抽選会の途中で「おおおー」という歓声が上がり、
その人たちの視線の先を追うとゆっくりと流れている流星が分裂するのが見えました。
普通は声がしてからその方向を見ても時既に遅しなのですが、
今回は非常にゆっくりしていたので、
最後の分裂行程を目撃することができました。
聞くとことによると人口衛星だったとか。
この日の夜には晴れ間もあり、土星や球状星団で
観望場所は大いに盛り上がりました。

そして翌日昼のイベントでは、まさかのあの方が講演!
過密スケジュールのため実現するかどうか分からなかったので
プログラムに名前が載っていなかったのですが、
3年前宇宙に行かれた女性宇宙飛行士 山崎直子さんです。
事前に情報がなかったにもかかわらず会場が満杯になるほどの盛況でした。
約1時間程の慌しい滞在でしたが、
noniさんがちゃっかり握手してたとは、、、。

夜はチャッキリさんと石井さんの日食報告講演を聞きました。
その後なかなか雲が晴れず、諦めて0時ごろテントで寝ました。
テントにはエアベットを敷いていたのですが、
最近自然に空気が抜ける仕様になっており、
ぺチャンコになって、地面の冷たさで目が覚めました。
まあ、4時間寝たので充分なので、駐車場に行くと
inouさんがいて、聞くと
空の方は2時時ごろから晴れ間が続いていたので徹夜したとの事でした。
同じくチャッキリさんも徹夜した模様。
二人とも若いなぁ。

日が昇ってきてO塚さんのドブソニアンで
朝の木星と火星を見せてもらいました。木星はコントラストが薄いながらも
しっかり2本の縞が見えていました。火星は少しかけていて明るい赤色ぽかったです。

そしておもむろにポケットから超小型自動追尾赤道義を取り出し
「実はこれが今回のメインです。」
とその構造を解説してくれました。
欲しいよ~とおねだりしましたが、ボディを安く入手した
キャノンのレンズとなら交換OKと、逃げられてしまいました。
コストパフォーマンスが抜群に良く、量産して市販すれば
爆発的に売れると思うのですが、そういう世俗的なことは
興味がないご様子でした。
聞けばメロディ追尾運台も知人の方が、
無償でアイデア提供されたとの事。

そうこうしているうちにお手伝いしなければならない
キララ庵の片付けが終わってしまっていて、
挨拶もできぬままお開きになってしまいました。

撤収期限の10時を少し過ぎて帰宅の途につきました。
いろいろ相手をしてただいた皆様どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ECLIPSE GUIDE 金環日食2012 2042年までの30年間の皆既日食-金環日食を網羅 (アスキームック)

星祭で講演された石井さんの書かれた日食本です。
星ナビ連載分に加筆された内容となっています。

ECLIPSE GUIDE 金環日食2012 2042年までの30年間の皆既日食-金環日食を網羅 (アスキームック)ECLIPSE GUIDE 金環日食2012 2042年までの30年間の皆既日食-金環日食を網羅 (アスキームック)
(2012/03/10)
株式会社アストロアーツ

商品詳細を見る

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JAXA 相模原一般公開 写真集

7/26のJAXA相模原宇宙研究所一般公開の写真をまとめました。

入り口です。
gate.jpg

かぐやで撮影したデータによる2mサイズのティコクレータ(第一展示場)


風洞実験場 正面(第六展示場)
kuudou.jpg

風洞実験場 2階から
kuudou1_20130806152944772.jpg


実験室の構成図
kuudou2_2013080615294691a.jpg


さんざん待たされた実験の様子。思ったより音は大きくなったです。
kuudou3.jpg

再利用可能なロケット(実際打ち上げたもの)の外装(第四展示場)
wireless2.jpg

同上内部
wireless.jpg

中央大学の火星探査ロボットデモ(中庭広場)。
robo.jpg


突然、有村さん(第二展示場)。最近良く見かけます。
ari.jpg

向かいにある市民博物館でのはやぶさ持ち帰りサンプル現物見学会(要整理券)。
isi.jpg

そのモニタ画面(これは自由に見れます)。
ishi2.jpg

ここで撮影したらしい。ななみちゃん、いつ来たのですか?
limit.jpg

個人的なサプライズが2つありました。
星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JAXA 相模原一般公開

先日7/26/27/28と相模原宇宙研究所の一般公開があり、
27日(土)に出かけてきました。

普段は守衛所から一番近い建物の1Fしか入れないのですが、
この日は敷地内の全建物を6会場に分けて敷地内のほぼすべてに入れます。
各会場で展示や手作り参加型イベントがあり、家族連れでにぎわっていました。
単純に回るだけでも2時間はかかりました。
じっくり見るとなると倍の時間は必要だと思います。

マッハ1.2の空気を当ててロケットにかかる負荷を調べる風洞実験棟と
中庭でやっていた火星探査用ロボットデモのみじっくりと見てきました。

また、向かいの市民博物館では、はやぶさが持ち帰ったイトカワの本物粒子を
顕微鏡で見れる(要整理券)という展示もやっていました。
午後から出かけたため整理券は既になく、モニタに映し出された粒子だけみてきました。

平日しか開いていない売店も出店をだして対応しており、
本やおみやげグッズの販売も充実していました。
川口さんや的川さんの著作はほとんどそろっていました。
もっともクーラーと冷蔵庫を止めている身としては買う余裕もありませんでしたが。

この一般公開は地元では夏休み恒例行事になっているようで、
各会場どこも満員御礼で自由に歩くのが困難な状態で、
昨今の宇宙ブームを実感しました。

今週末はいよいよ原村星祭です。
今年も金曜に一旦自宅に帰って夕方車で行きます。
見かけたら声かけてください。



星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT