みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

1/33

LPレコードの回転数ではない。なに?LPレコードを知らない、、、。
実は昨日、お寺でインド舞踊を奉納するというイベントがあり、ゆうあさん目当てで電車2時間ほど所へで出かけた。同じ長野県内でも随分広いのです。
地図だと駅からすぐ近くにありそうだったが実際は15分ほど歩いた後、鬼のような階段が待っていた(聞いてない~!)。昨日の秘境駅巡り(後日掲載予定)で脛に痛みを覚えていた身には少々堪えたが、イベントは素晴らしかった。
詳細はいずれバラタナティアム大作戦のほうにUP(追記:ここです)されると思われるのでここでは写真速報のみとさせていただこう。

イベント名は
「光の彩り+音と舞い」
プログラム
○真言声明(5人のお寺の住職さんが目も生えるグリーンの袈裟を纏い声明を唱える)
 <おそれ多くて写真がありません>
○バラタナティヤム(インド舞踊:横田ゆうあ、池田未央)
真近くで見ると表情の豊かさに改めて気づかされます。
v2.jpg
v1.jpg
v4.jpg
v3.jpg

○ディーカ オンカ(歌と演奏)
般若心境をゆったりとしたメロディーに乗せ唄う。
v6.jpg

○シタール&タブラ(演奏)
ゴパール・クリシャン・シャー
ディネーション・チャンドラ・ディヨンディー
世界一のシタール演奏と言っても言い過ぎではないと断言しよう。来なかった方は後悔必至です。あ~幸せ~。
v5.jpg

まさか長野でこのような素晴らしいイベントが観れるなんて!インドを満喫した。あと32回あるそうなので、この日来た方はガンバッテ完走を目指しましょう!そう、33回の第1回目なのだ。(写真は意図的に画質を落としています。実際の素晴らしさはご自身で体感してください)。
スポンサーサイト

バラタナティヤム | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<一日5000円未満(おやつ付きで)の旅(1) | HOME | インド舞踊は肩こりに効く?>>

この記事のコメント

古い模型車輌に詳しい子供がいたので「なんでこんなの知ってるの?」と尋ねたら、
「でぃー、ぶい、でぃーでみたことあるよ」って。

ビデオじゃなくてDVDだとぉ、生意気なガキだ!バキッなんて小突いたりはしなかったけど、世代ギャップを感じた。orz

もしかすると、この子はVHSも知らないかも知れないので、勿論1/33とか1/45とかあまつさえ1/72なんてものは知らないだろうなぁ。
テレビのチャンネルを回す、とか、電話をダイアルするとか、既に死語。
(誰だ、未だにJRのこと国鉄といってるのは?)

そこいくと、インド舞踊なんてのはきっと3000年くらい同じようなスタイルで、未だに伝わっているのだろうから、驚異とさえいえますね。


2008-10-15 Wed 00:02 | URL | ブン太郎 [ 編集]
知らないだろうなぁ。ディスコンになる前に1台買っておかなければ。まだ、見てないものがたくさんあります。LPはまだ現役でがんばっていますよ。でも、デジタルとアナログの両方体験できた我々はある意味幸せかも知れません。天文に関してもビッグイベントはほとんど体験できていますし、面白い時代に遭遇した幸運をかみしめております。インドは深いですね。経済的な面では貧富の差は拡がる一方みたいですが、インド舞踊は老若男女、貧富の差も関係なく誰でも平等に楽しめる国民的文化だそうです。
2008-10-15 Wed 00:26 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |