みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

自給自足実現に向けて

 私の住む町は山間部の盆地の中にある。私の家は町の中心部からやや離れた山側にあるが、家を建てるために越してきたとき、家の前の道は車がかろうじて擦れ違う事が出来る程度の未舗装の道で家も少なかった。晴れた日には2階の窓から反対側の仙丈ヶ岳の雄大な景色が堪能できた。

 しかし最近は道幅が広くなり舗装され下水道が完備されて周辺に私の家より高い2階建てが取り囲むように建ち、視界が塞がれ山はまったく見えなくなった。また、少し離れた町内の古墳発掘現場の調査が終了してパチンコ屋が乱立し、その方向の南の空は見るに耐えないほど明るくなった。人が増える所はやはり星には向かないのである。

 そこで、収入をあきらめて人のいない所で自給自足の生活をするしかないかと思っていると、昨日、テレビ東京でタイムリーな番組があった(東京から漏れ出てくる電波を山頂で拾って、CATVで流してくれるので映りの良し悪しはともかく、単純なチャンネル数は東京時代よりも増えている)。屋久島で1200坪を80万で購入し、横穴を掘って完全な自給自足をしている方(57才、独身男性)が紹介されていた。焼き物を生業としていらしゃる方だが、雨が多く焼き物には適さない土地で、生活の殆どを自給自足で行っている。年収は年に一度行う焼き物の収入の20万だけとのこと。自転車で1時間半かけて汲んで来た海水をニガリ代わりに使い自家製豆腐を作っていた。火は薪でおこし、水は川から調達、野菜は畑(一見、藪)からその日に使う分を採ってくる。ウコン、小麦粉も畑から採ってきて、それらを使ってカレー作っていた(米はおそらく買っているとも思われるが未確認)。フロ、囲炉、釜、窓は全て廃品を利用。焼き物の土は周りの壁を崩して使い、削った空間でもう一部屋作る予定らしい。さすがにそこまでは出来ないが、自給自足する上でのヒントみたいなものはおぼろげながらに見えてきた。

 まず、水は欠かせない。川が近くにあるか、雨が潤沢であればろ過設備で生活用水は確保できるか。次に良い土。出来れば休耕田があれば良いが、無農薬の土作りは最低でも3年から5年かかる。あと、人がこれ以上増えそうにない所。電気やガスはあればいいが、場合によっては太陽光、風力の利用も考える必要があるかもしれない。また、年中温暖で晴天率(星を見るのは、これが最優先)が高く、人工の明かりがなく、台風等自然災害の影響を受けにくいところ。活断層の上はできれば避けたい(今は真上)。そのような所が果たしてあるだろうか?

 どちらにしろ文明社会の恩恵にドップリ漬かっていた身ではすぐに実現するのは難しそうである。体質改善から始め、土地探し、必要と思われる設備初期経費の準備等で10年計画くらいで進めるが現実的とか思われる。家のローンは完済しているが、貯金はあまりない。ガンバレば年100くらいは貯められるかという所。妻子もいない身なので心一つですぐ動けるのが唯一の強み。どなかた良い物件があればご紹介いただければ幸いであります。
 
注)農地取得にはまず、農地法をクリアしなくていけないらしい。
  
スポンサーサイト

雑学 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<思い出の名盤(4) | HOME | 思い出の名盤(3)>>

この記事のコメント

自給自足は理屈のうえでは半分は可能でしょうね。つまり自足は心がけの問題ですから、不可能ではない。自給は居を構える土地の条件と、何といっても体力。

それにしても今どき屋久島の土地がそんなに安く手に入るんですか。住むには厳しい環境のところでしょうけど、農地法だけでなく自然保護規制の網がかかっているかもしれない。
2008-10-06 Mon 16:41 | URL | jiji [ 編集]
随分前のようでした。しかも、宅地ではなく、どこにあるのかわからないような藪の中でした。確かによほど体が丈夫でないと無理ですね。国民健康保険にも入ってないような感じでした。何でも、子供の頃、裕福だった家が傾いて借金取りに追われる日々が続き、お金に対して不信感というか、恐怖感かあり、それがいやで今のような生活を求めて移り住んだということでした。今後の目標は「もっと、貧乏になること。」だそうです。もはや仙人の風貌でしたよ。
2008-10-06 Mon 17:02 | URL | アダンの実 [ 編集]
うーん。
そういう生活するなら、別にコミュニケーションとる必要もそんなにないし、外国行った方が早そうだなぁ。
とりあえず、日本国内は晴天率が低い。

星を見るのは好きだが、自分で機械などを動かすのが面倒くさいアラブの石油王の天体機器整備係になれば、食料と水と極上の星空と晴天率が手に入りますが...そんな人脈はないなぁ。
2008-10-06 Mon 22:11 | URL | ブン太郎 [ 編集]
ブン太郎さん、初コメどうもです。オーストラリアに従兄弟がいるのでソレを頼って移住しようかな。しかし、海外は住むこと自体に危険があるような。目には見えませんが、日本には今のところ「安全」という大きな後ろ盾がありますので。色々考えたけど動かないことが一番楽かなぁ。自分がいかに恵まれた環境にいるかという事が実感できました。昨日何ヶ月かぶりにフォーマルハルトが見えました。
2008-10-07 Tue 10:18 | URL | アダンの実 [ 編集]
外国でも貧乏人には安全かもですよ。
まぁ場所によりますが・・・。
2008-10-09 Thu 06:18 | URL | ちゃんこ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |