みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

ORP星空キャンプ(2013.8.10-13)3

第3日目(8/12)

6時の時報より先に5時半に目が覚めました。
外をみると昨夜よりさらに車が少なくなっています。
私はテントに引っ込むときに撮影されていたかつさんの車もありませんでした。
inouさん親子も帰られたようです。
朝のラジオ体操の音楽が流れてきたので一人で体操をしてみました。

ケーメーさんも昼前に帰宅され、
最終的に残ったのは、ワンさん、徒空さん、カワカミさんと私の4人。
当初、この日で帰る予定だったため、一度家に戻りました。
ORPではSOFT BANKモバイルが繋がらないため、
メール、FB等を家で確認。
シャワーを浴びて、食事し仮眠をとって16時に再出発しました。
流星観望に徹すると決めていたので、Duality250は家において
変わりにスバル食用に
D=76mm・L=900mmの小型反射望遠鏡とカメラ三脚、
いまだに使いこなせていないスカイキャンサー、
ニコン NEW FM2+魚眼16mm、f2.8を積み込みました。
久しぶりのカメラ撮影です。もちろんフィルム。
いまだに売っているフジ Reala400。えらいぞフジ。

水とアイスをク-ラーボックスに積めて出発。
6時前に到着したころちょうど陽が山に隠れて涼しくなってきました。
小型反射望遠鏡とスカイキャンサーをカメラ用三脚にセットして、
スバル食を待ちます。

19時頃潜入といういい加減な情報でしか認識していなかったので、
6時半ごろから随時、望遠鏡を覗いていると、
18時45分頃あっと言う間にスバルが消滅しました。
もう少し後だと思い込んでいたので一瞬あっけに取られました。
ワンさんと私は偶然望遠鏡を覗いていたため目撃者になれましたが、
他の2人は見逃してしまいました。

カワカミさんが天ガの8月号をお持ちだったので、確認すると
東京で潜入18時46分とあり、完全に準備不足でした。
せめて出現はと、意気込んで時間と出現エリアをチェックし
臨みましたが、事前の出現エリアを勘違いされて
目撃者になれなかった方がいらしゃいましたが、
ご本人の起っての希望でお名前は控えさせていただきます。

消滅は一瞬で、出現はじわっという感じでした。
両方目撃できたのは日頃の行いの良さでありましょう。
ひとり悔しがる方をよそ目に、ワンさんがお湯を沸かして
夕飯のホルモン?レトルトを暖めて振舞ってくれました。
風除けがなく中々お湯が沸きません。
途中、警備係の方が来て焚き火は絶対しないように御願いされました。
国定公園なので、何か起こると大変なことになるとのことでした。
キャンプ用のコンロは良いみたいで、無事お湯を沸かすことができました。

薄明がまだ終わらないので東の方角をみていると低空に雲があり、
ときどき閃光が走っています。
音は聞こえないのですが、雲の中で稲光が発生していました。
すぐには収まらず2時間以上続いていたでしょうか。
カワカミさんのカメラに見事に収められていました。
あとで路線情報からわかったのですが、
このとき飯田線が大雨のため不通になったようです。
あの閃光の下でかなりの大雨が降っていたようです。

我々は川の字になって、それぞれのアルミシートに寝転がって、
のんびりと流星観望をしていました。
21時と0時頃に2度ピ-クがあったような出現でした。
行路が30°以上、明るさが1等以上の流星を15,6個、
それより暗いものも同数以上見れました。
散在やみずがめ座の群も同時に振ったようです。
いくつか方向が違うものが見られました。
ワンさんと徒空さんは真逆に流れるダブル流星も目撃できたそうです。

ほぼ時間差なく同時に流れる、ダブル流星が3ペアほど見れました。
どれも行路が長く早い群で、見ごたえがありました。
不思議なことにワンさんが眠っている時には大きいのは出現せず、
起きているときにだけ出現するという出方でさすがに「持っている人」だと思いました。

ペガサスの四角が天頂に登ってきた時のことです。
よく空の暗さを比較するため、その四角の中にいくつ星が見えるかを
指標にすることがありますが、このとき私には7,8個しか見えていませんでいたが、
ワンさんと徒空さんは20個以上見えるというのです。
ワンさんに「君と僕とでは見ている空が違うんだね。」
そういわれて少し動揺を覚えました。
視力の差ではないと徒空さんは言います。
視力検査では分からない感度の差があるんだと。
そういえばお二人は昔からよく観望されています。
私は転勤してから1年半以上まともな夜空を見ていませんし、
それまでもそんなに集中して観望する習慣はなく、
最近は8時間PCとにらめっこです。
あきらかに感度が低下してたのです。
思い返せば昔イッチーさんが「今日は随分見えるなぁ。」
と四角の中の星の数の話をしていたときも
私には同じようには見えてなかったように思います。
まだまだ、新しい発見があると、この道の深さを知ることができました。

その後は、しばらくワンさんの寝息をBGMに
時折シャッターを切りにカメラ位置に行って固定撮影をしましたが、
狙ったところには来ないもので、
結局視野内に捕らえることはできませんでした。

昼間、家で仮眠をとった効果がありそのまま寝ずに夜明けを向かえました。
薄明が始まり登りかけたオリオンを見てからテントで1時間ほど眠りました。

起きて、トイレから帰ってくると、
スピーカーからはラジオ体操が流れて3人が集まって体操していました。
私が前日、やっていたのに刺激されたのでしょうか?
ラジオ体操は全身300の筋肉を動かすとても合理的な運動です。
一度、TVでお手本をしっかりみて行なうことをお勧めします。

その後、コーヒーをいただきワンさんの武勇伝の途中で下界に戻りました。
出勤時間前に会社に予定を延長して休むことを伝えなくてはならず、
willcom携帯が繋がるところまで、
9時前に行かなければならなかったのです。
ワンさん、かなりのエピソードの持ち主でやはり只者ではありませんでした。
また、徒空さんとのかけあいは抱腹絶倒です。
最後まで聞けなかったのが心残りです。

役場に一人暮らし高齢者用監視装置の備え付けを申し込んで、
午後の高速バスで神奈川に戻りました。
30分ほどの通常の遅れで帰宅しました。
帰り運よく、高速バスから1時間に1本のJR駅までのバスに乗り継ぐことができました。

高速バスの中でも少し眠れましたが、
さすがに疲れていたためか、フロに入って横になったら
電気を付けたまま寝入ってしまいました。

3日連続快晴で月の条件も良かったのは初めての事だったかも知れません。

みなさまのおかげで大変充実したORP星見キャンプになりましたこと
お礼申し上げます。
スポンサーサイト

木曽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アイソン彗星 | HOME | 肉眼新星出現!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |