みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

ORP星空キャンプ(2013.8.10-13)

第1日(8/10)
ORPとはワントニックポニーさんが開拓された場所で
オタク・ルンルン・パラダイスの略称です。

先週、原村星祭りで1年ぶりにいろんな方と話はでき、
その中で恒例ORPの観望キャンプが翌週行なわれると知りました。

まったく予定してなかったのですが、
Yahoo天気図を見ると徐々に高気圧が本州中央に張り出して、
上下にある低気圧を押しのけていくと予想図がでていました。

おまけに月も薄明が終わる頃に沈むので、星見の条件としては最高のタイミンングでした。
しかも、スピカ食とペルセウス流星群の極大日(ともに12日)が重なるという、
近年これ以上ない条件で、値上がりした交通費はあとでなんとか挽回するとして、
とりあえず金曜日の夜出席表明をしました。

急遽、高速バスをWEB予約し、翌朝出発。
最寄駅から電車で西八王子駅まで行き、
そこから40分ほど歩いてバス停まで歩かなければなりません。
中継バスもありますが1時間にせいぜい2本です。

ところが、出発してすぐに中央線で軽トラと電車の接触(のちに
衝突に変更)事故があり、2つ手前の駅で足止めをくらいました。

時間的には余裕を見て1本早い電車に乗りましたが、
そのアドバンテージがジョジョに無くなってゆきます。
復旧の見込みがたたない状況で、2駅分を歩こうと電車を降りたとき、
駅のアナウンスで、これから動くとあり再び電車に乗り込みました。
しばらくして電車が走り出しなんとか間に合いそうだと一安心した
のもつかの間次の駅で足止めです。

乗り替えホームには一つ前の特急が停まっており、
その特急も次の駅でまた足止めという状況になりました。
まさかの特急が各駅停車となる事態に業を煮やし、
こちらに引っ越してきた当初よくやった八王子駅から
高速バス停まで1時間歩くという作戦に切り替えることにしました。
時間的には20分くらい遅刻ですが、普段でも時間通りにこない高速バス、
ましてやお盆休みのこの時期です。絶対に間に合うと確信して歩き出しました。

気温30度以上の炎天下の中、途中の八百屋さんで、
1束(4本)50円に値下げされたバナナを買うと、
残りの1束を持っていって良いよ言われたのでありがたく頂戴しました。
シュガースポットが出て甘くなったバナナがさらに炎天下にさらされてしまうと
どのような形状に変化するのを初めて知る事ができました。
あとで冷凍庫に入れ固まらせて食べましたが今の所、異常はありません。

汗をかきかき途中コンビニで水分を補充しつつ、
なんとかバス停に辿り着くことができました。
到着すると京王バスの車掌さんがパック入りのお茶を配っていました
聞くと1時間くらいの遅れが出ているとのことでした。

先週の原村に行く時と同じ光景でした。
40分遅れでバスが到着。
席は満員で予約してないと乗れない状況でした。
ようやく涼しいバスの中で休養を取ることができました。

実家に到着してほぼ1年半ぶりに愛器Duality250を車に載せます。
久々の稼動で、倉庫に入れてあった三脚などはクモの巣が張るっており、
掃除に時間を費やしました。

クーラーボックスに氷と2日分の食料をつめて17時に家をでて、
18時半に現地到着しました。
ORPには既に数多くの車と望遠鏡がありました。
ヒロノさんの横に車を止めると、すかさずワンさんが駆けつけてくれました。
2年ぶりくらいの再会です。
「やっぱ。アダンさんだ。ひさしぶり!」

我々のグループだけで20数人の方が集まっていました。
Ninjya320、400、500そろい踏み。そらさんのEMS双眼鏡、
やおきさんの26インチ砲、Oさんの電動屈折25cmダブル砲も来ており、
まさにミニ双望会の様相でした。初日の10日夜は夕闇が迫っていたこともあり、
組み立ては不安なのでDuality250は次の日、明るい所で設置を
行なうことにしました。

参加者は遠路から初参加のトバヤマさんを始めいつもの気ままのメンバーが勢ぞろいです。
ほとんどの方は先週原村で再会した方々。
そら料理長が初日夜と翌朝、ケイメー副料理長が2日目、
ワン主任が3日目の食事を作ってくれたました。

焚き火は厳禁の場所なのでキャンプ用調理器やガスコンロを使用しての調理になります。
ORPは日陰がないので、強烈な日光をしのげるターフ2シートの存在は非常に助かりました。
標高1500mあるので紫外線もハンパなく強かったです。
天気の方はというと昼間の雲はJoJoに無くなってほぼ快晴になりました。
夕方、やや強い山風が西から吹いていましたが、
薄明が終る頃には落ちついて観望できるようになりました。

TAKさんがNEW OMEGAでPaloma7(リンクのdeep-sky.co.ukに詳細あり)
という珍しい球状星団を、やおきさんにM51やステファンを見せていただきました。
新しい鏡はやはり見え方が違うと話題になりましたが、
ワンさんの経験からすると洗剤を使って洗浄すると見た目はきれいに見えるが、
見え方が落ちるような気がするとの事。
多少、外観が気になってもカビにだけ注意を払って洗浄はしないのが
ベストかも、と持論を展開なさっていました。
2日目に組み立てた私のDualityも1年半以上鏡洗浄していませんが、
見え方は変わっていない様に感じました。
さらに3日目にはワンさんにより情報衝撃的な事実が発覚しました。
ここにきてまだ新たな発見があるとは、、、。

とにかく初日は多くの方の望遠鏡をみせていただき、大満足。
ペルセ群、みずがめ群もときどき飛んでいて時間が過ぎるのがとても早く感じました。
空はずっと晴れわたっていましたが、明日の方が天気は良いはずなので、
余力を残しつつ3時前にテントで寝ることにしました。

真夏とはいえ、さすがに半袖では寒く長袖と軽い防寒具が必要でした。
初日はそうでもなかったですが、2日目、3日目はブヨが多く閉口しました。
虫除けスプレーは忘れずに持ってゆきたいです。
(続く)
スポンサーサイト

木曽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アステリズム(星結び) | HOME | 20th 原村星祭 2013.8.2-8.4>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |