みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

庶民の味方、「三代目 茂蔵」

以前は「豆富」は「豆腐」と記されていた。いつのまにか変わっていた。
確かに「腐る」より「富る」の方が響きが好い。言葉はとても重要だ。
売る側としても、張り合いがでるというものであろう。

会社と駅の中間に老舗の豆富屋さんがある。
その名も「三代目 茂蔵」。
工場直販の大豆関加工連商品を売っている。
代表的なのはもちろん豆腐である。

会社の帰り道になにげに寄ってみたら、そこで売られているすべての豆腐に
消泡剤が未使用だったのに気がついた。
消泡剤は豆腐を生産する時にでる泡を消すためのもので、
生産効率(時間短縮)が上がるため価格を抑えることができる。
スーパーで売っている豆腐の価格が2段階あるのはそのためである。
無害ということだが添加物には違いない。
それを使用しないでスーパーと張り合っているとは、気骨のあるお店に違いない。
そう感じた。

消泡剤未使用のレギュラーの豆富3パック105円、
無調整豆乳1L=105円(しかも濃い)、
納豆4パック=105円

を基本にいろいろな商品がある。売り場はそんなに広くはないが、冷蔵ケ-スに所狭しと並んでいる。
いずれも市価の半額である。工場直販だからできる価格だろう。

最近、たんぱく質はここで補っている。
大豆を使った商品の開発にも力を入れており、
お菓子(おからドーナッツ、おからクッキー、バ-ムクーヘン@210円)などもある。
いずれも創意工夫されており新作が月に3作くらい発売されている。
ポリシーのある元気な会社だということは、店の雰囲気でわかるものだ。

先週、おからが 500g 52円だったので買ってみた。
買っては見たが、大量のおからの利用方法が見つからない。
cookPADで検索したものからヒントを得て、
ポテトサラダのじゃがいもの代わりにおからを軽く炒めて、
マヨネーズときゅうりを加えた「おからサラダ」を作ってみた。
これがなかなかいい感じで、満腹感も得られる一品になった。

お財布にも体にも優しい大豆製品を提供してくれる三代目 茂蔵さんに感謝気持ちを表して紹介してみた。

ちなみに尿酸値が気になる方は納豆より豆腐のほうが良いとのことです。
スポンサーサイト

料理 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒッグス粒子と宇宙創成 (日経プレミアシリーズ) (日経プレミアシリーズ 164) | HOME | 前日の徘徊>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |