みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

前日の徘徊

当初、天気がよければORPに出かける予定でしたが、どうもこちら方がよさそうな予想でした。
ORPに行くには半月分の食費がかかる分、慎重に検討した結果、あえて動かない方を選びました。

金星食の前日、24時間後に観測できるよう視界の開けた場所を探しに近くを歩き回りました。
長野の場合は山を避け視界の良いところを探すのですが、こちらは建物を避けて視界の良い場所を探さなければなりません。
月は1日経つと約1時間分東にずれたの位置にでますから、1時半に月のある位置が明日の金星食の起こる位置です。
まあ、金星が見えればいいのですが、すぐ見つからない場合、探して居る間に位置がすれてしまいますので、
捜索時間に1時間余裕を見ることにして月の見える場所を探しました。

アパートの出口に木星が低く見えていました。月は見えません。
そこから東へ歩き建物と街灯を見ながら深夜の徘徊をします。
当日の移動は歩きになるので、それに合わせて徒歩です。
1時間以内に見つからなければあきらめるつもりでした。
6cmの屈折で三脚が意外としっかりして重さもあるのでハンドキャリーではそれくらいが限界かと考えたからです。
3階以上の建物がない実家と違い、背の高い建造物が多く、視界の開けた場所がなかなか見つかりません。
さすが都会です。明かりも随所にあり、この時間でも車も結構走っています。
人間にも3人ほど遭遇しました。

住宅街ですが、マンションやホテルのような高層建築物が多く、見通しの良い所は少ないように思えました。
横浜線沿いに建物の切れ間があり、線路沿いにしばらく歩きました。
線路沿いは電車の幅分スペースがあるので月も時々みまえすが、木が植えてあり今ひとつ開放感がありません。

そうこうするうちに以前、以前、病院に行ったときに歩いた道に出くわしました。
そこから東の方は行き止まりで大きな工場みたいなものがあったのを思い出しました。
行き止まりの方向は予想通り開けていました。
家から反時計回りに円を描いて歩いてきましたがちょうど折り返し点になる感じで、距離的にはここが限界かなと思い第一候補に決定です。
それから、来た時とは違う道を戻りました。

すると公園や小学校の脇の広場に東が開けている場所が見つかり、しかも家に近づくわけですから、次々と候補地が増えてゆきました。
帰宅する頃には近場で手ごろな場所がみつかり満足していると、ちょうど2時半でした。
するとアパートからも金星が見えているではありませんか。
3階まで上がると望遠鏡が設置できそうな場所も見つかりました。
こんなイメージです。

kinsei.jpg

ここでいいか、と思い部屋に戻りました。

当日は雲って見えませんでした。一日ずれていたらなぁ。
前回(実に川崎で)見たので良しとして、あきらめました。

ちなみに、この休み(8/10-15)はWOWOWで映画三昧でした。
スポンサーサイト

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<庶民の味方、「三代目 茂蔵」 | HOME | 初心に戻って>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |