みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

子供の頃残念だった事

小学2年の頃、父から買ったもらった星の本を大事に持っていた。4年になって次回の理科の授業は「夏の星座」というので楽しみにしていた。いよいよ、当日、教科書を広げて待ていると北野先生は「ここは飛ばして次の、、、、、、。」?????何故?の嵐。大人の本音と建前を初めて垣間見た瞬間であった。経済と効率優先の時代は既に始まっていたのである。
スポンサーサイト

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ボゼ祭りと日食(26) | HOME | バ○ナダイエット>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |