みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

kobo使用感

ようやく使い方に慣れてきました。

現在273冊入っています。短編が多いので使用容量は103MB。
全体では1258MBの容量があるので、10分の1も使っていません。
これだけ読むのも時間がかかると思います。


今回買い足したのはエドガーアランポーの英語版全作品集(80円)
あとは青空文庫の小栗虫太郎、漱石、芥川等。

読んでいる途中に画面真ん中をタップすると下にメニューバーが出てきて文字の大きさを変えられますが、アナログ的なインターフェースでバーをなぞる形になります。数値入力で変えられたほうが調整しやすいかなと思います。

kobo自体の初期化には、PCが必要ですが、一度入れてしまえばWiFi接続できる環境があれば、
本を探したり購入することもできます。

効率から行くと、PCでkoboディスクトップアプリを動かして、
こちらでコンテンツを探してダウンロードしておき、
後でkoboをつないで「ライブラリーを同期」するほうが楽かと思います。
PCだけではダウンロードした作品はタイトルは表示されますが、読めません。

kobo.jpg

ひとつ気になったのは、koboの背面が汚れに弱い点。
背面の網状目の部分はひとつひとつが凸状になっていますが、いつのまにか「かばんの中に一緒に入っていた新聞のインク」で汚れていました。

kobo2.jpg

早くケースがこないかなぁ。
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明日から星祭り | HOME | 長年の疑問解決する。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |