みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

継続は力なり

第555回でした。

先月の第三土曜日に20数年ぶりに行ってきました。
王子にある駿台学園高校の一般公開の天文講座です。

会場は、大ホールから実験室に移動していましたが、老若男女50人くらいの方がいらしていました。
今回はJAXAの坂尾さんが「ひので」について、その概要と最新のデータを交えて話をしてくれました。
一般の方に標準を合わせているこの講座にしては、難易度がやや高い内容でした。
地球ドラマチックで太陽の話を見た後だったので、「ひので」のデータがどれほど役立っているか知ることができました。「ひので2」も計画中とのこと、近頃何かと話題の太陽なので人気も高かったようです。

久しぶりに訪れた駿台学園でしたが、懐かしさとともに地震の爪あとが残る校舎に少なからず心が痛みます。
しかし、初回から46年以上も続けられてきた天文講座、受講者や講師の先生方の違いはあれど、これまで継続されたきたことに感動さえ覚えます。私学の良いところですね。先生や生徒さんたちの努力に敬意を払わずにはいられません。まさに継続は力なりです。

講座が終わってからの打ち上げの場所も20数年前と同じ店でした。
このメンバーはあいかわらず元気で、いままでは原村星祭で年に1回再会していた面子です。
お店の女の子(当時)も健在で、その声を覚えていた自分にも少なからず驚きました。

変わるものと変わらぬもの。2つを同時に感じることができた稀有な一日でした。

スポンサーサイト

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<京極夏彦さんのお話 | HOME | 金環日食 IN NAGANO>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |