みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

あれから7年も、、、。 タスマニア放浪記(1) バーニー

2004/05/20

次の信号で一か八かのUターンをして強引に元の進路に引き返し、
なんとか受付10分前に港に到着できた。
ハインリッヒの法則の「ヒヤリ」に+1。

 注)ハインリッヒの法則:
   ヒヤリとしたが、事故にはならない体験を1回とすると、 
   小さな事故はヒヤリとしたものが30回で1回起こる。
   大きな事故は300回に1回で起こる。

駐車所に車を止め、歩いて窓口まで行き、電話で予約したチケットを受け取る。
車に戻り、フェリー乗船口まで移動して待機する。
しばらくすると一台ずつ誘導されて、指定された場所に車を止める。
車の大きさで分けているようだ。車輪止めでタイヤが固定されてから、
必要な荷物を持って鍵をかけて客室に向かう。
以降は船室との境に鍵がかかるので到着まで車には戻れない。
鉄製の頑丈なドアを通って船室に向かう。

客室は4人一部屋で2段ベッドが2つとシャワールームが一つある。
貴重品以外の荷物はそこに置いて、船内を散策する。
子供のための遊戯スペースや

大人のためのスロットマシン、パチンコの遊戯設備、

レストラン、

けっこう高級な品物も扱っているお土産店、

港に停泊中は使える無線公衆電話。
様々な設備が揃っている。12時間かけて海を渡るのには十分な装備だ。

おみやげ屋でタスマニアの鳥の写真の小冊子を購入。

2004/5/20 19:26 $ 6.24 star shop

夕食は2種類あり、バイキング方式。当然安いほうを選ぶ。

2004/5/20    20:00 $ 16 sprit of tasmania

船内を歩き回ると船の中央ラウンジの受付に女性クルーがいた。
若くいはないが、美人でクールに職務をこなしている。
ダメもとで写真を撮ってよいかと聞くと満面の笑みを浮かべてOKしてくれた。
クールさとのギャップがたまらないです。

船が出港して揺れる甲板から後ろに見える名物のメルボルン夜景を撮影した。
揺れにあわせて写真を撮るのがなかなか難しい。

船の側面にはトビウオの群れが多く飛び交っていた。
写真をみるとまるで未確認生物のスカイフィッシュのようだ。
部屋に戻るとすでに2人が片方のベッドに入ってカーテンを閉めていた。
残りの2段ベッドの上部を使うことにした。シャワーを浴びてからベッドに入ったが、
床がゆらゆら揺れており、すぐには寝付けなかった。
少しうとうとはしたが、なれない船上でなかなか、熟睡できなかった。
最後の一人が入ってきて、下の段に収まったの気配で感じた。
少しだけ寝むれたようだった。

距離的には到着するのに朝までかからないが、人がいないので日の出を待っての入港になる。
朝焼けがとても美しかった。


スポンサーサイト

あれから7年も、、、。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自転車でJAXAに行ってきました | HOME | あれから7年も、、、。(7) メルボルン3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |