みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

ふたご座流星群の夜



どこか聞いた事があるタイトルだなと思ったあなた。
J-POP好きか、もしくは同世代です。

これまで、あまり注目してなかった流星群ですが、実は一番降る群だというのをつい最近知りました。
今まで注目しなかったのは、一言で言うと「寒い。」からです。

冬の夜中、体を動かさず、じっと空を見上げているというのは孤独に拍車をかける行為です。
しかし、今年は流星群をことごとく外しており、最後の運だめしのつもりで望みました。
月はありますが、先月のしし座流星群のときに意外に見れることがわかったし、
明るいものが多い流星群なので、来年の好条件続出に備えて予行練習のつもりで挑みました。
天気も晴れの予想、水曜が休日なのも追い風です。また、孤独を癒すアイテムも入手しました。
これはのちほど別トピで紹介します。

場所は2001年しし座大流星群を観望できた、車で5分の居住地域より少し高台にある野球グランド。
西側に森があり10度位視界が狭くなりなりますが、それ以外は拓けていて人口光がなく流星には最適です。
しかし、グランド手前の鍵付きガードレールのため車はグランドの手前10mまでしか行けません。
機材が多いと運搬が少々面倒ですが、不可能というわけでもありません。
今回はメガネをコンタクトに変更するだけなのでまったく問題なしです。
防寒対策ですが、寝袋は名古屋出張用に姪の下宿に預けていますので、
グランドのショートポジションの平らな場所にテントを支柱なしで広げて、
床にレジャーシートを置き、入り口から頭だけ出す格好で風と霜をよけます。
観望中は風はほとんどなく、気温も-2度くらいでした。
霜は、帰宅時にレジャーシートのテントから外に出ていた部分に少々ついた程度でした。

昼間のうちに十分休養をとり、夜サッカ-クラブ世界選手権をみてから、
22時に入浴し体を温めて23時に準備開始、20分後に現地到着しました。

テントをグランドに運んでいると、歩を進めていた南方向にいきなり流れました。
これはいけるかも!

孤独解消アイテムと紅茶を入れた水筒を持ち、
月を帽子のひさしで避けるようにして、西側を広く見渡すように寝転びます。
ペルセウス座がほぼ全景、大熊座の足の爪が両方確認できます。
月を直接見なければ4等以上は確実に見えています。

アイテムのスイッチを入れて2時間強眺めていました。

結果、月明かりがあっても明るいのが多いので楽しめるというは本当でした。
観測したのは23時20分から25時30分までで、
数はAKBにはひとつ及ばず47個でした。
月明かりで明るいのしか見えなかったというのが正しいのでしょうが、
2/3は2等以上の明るさがあったと思います。
方向と光路長からほぼ、全数群かと思います。
明るいのがひとつ流れると同じ場所にもうひとつというパターンが何回かありました。

私の体の観望限界がせまってきたので、極大と予想された2時を前に撤収しました。
結果、今回は極大が2時間くらい前倒しになっていたように感じます。
来年はカイロを持っていって観測時間を延ばしたいと思います。

以上、南信州Fグランドからでした。
スポンサーサイト

星・自然 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<流星観測の友 | HOME | 皆既大作戦>>

この記事のコメント

こんにちは。

ふたご座流星群は、年を追うごとに出現数が増加し、平均光度も明るくなっています。
以前は21世紀に入ると地球軌道と交差しなくなり見えなくなる…という説もありましたが、実態はその逆で、今や夏のペルセウス群を上回る最大の流星群に成長しました。
記事の中で書かれている「明るいのが流れると同じ場所にもうひとつ」というのは、この群でよくあるパターンで、豆まき現象とも呼ばれています。
ひとつ流星が飛ぶと、連鎖反応的に続けて流れるという現象です。
今回は暗い流星が見えなかったので数はそこそこでしたが、暗夜に条件の良い場所で観測すると、1時間に100個以上見えることもあります。
次回、好条件の年に期待ですね。
2011-12-19 Mon 16:37 | URL | まっちゃん [ 編集]
まっちゃん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> ふたご座流星群は、年を追うごとに出現数が増加し、平均光度も明るくなっています。
> 以前は21世紀に入ると地球軌道と交差しなくなり見えなくなる…という説もありましたが、実態はその逆で、今や夏のペルセウス群を上回る最大の流星群に成長しました。

おお、今後も期待できますね。
今までは、寒さに負けていたのですが、今後は気合を入れて高齢、
いや恒例行事にしたいと思います。


> 記事の中で書かれている「明るいのが流れると同じ場所にもうひとつ」というのは、この群でよくあるパターンで、豆まき現象とも呼ばれています。
> ひとつ流星が飛ぶと、連鎖反応的に続けて流れるという現象です。
> 今回は暗い流星が見えなかったので数はそこそこでしたが、暗夜に条件の良い場所で観測すると、1時間に100個以上見えることもあります。


ご教授ありがとうございます。
あれが豆まき現象って言うんですね。
体験できてラッキーでした。なにか得した気分です。

> 次回、好条件の年に期待ですね。

そうですね。あとは、天気ですね。
今のうちから選択範囲を広げられるようにしたいと思います。
また、良い観測候補地等あれば教えていただければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

2011-12-19 Mon 17:44 | URL | アダンの実 [ 編集]
土曜日は遠路はるばるお疲れさまでした^^

双子群はこちらも沢山見えました。ふたごはあと”すっごく明るいの”がごく稀に出ます。
自分たちではお化け流星と言ってます。今年は見てる時間帯には見れませんでしたが、流れたみたいです。2002年には満月級の大火球を見ました。しし群もあれには勝てません。

「まつり」には予想以上の反響をいただいてます(笑)2月くらいまでのどこかまた開催します。
しぶんぎ群はさらに寒いのですが晴天ならばミッション遂行です。
2011-12-20 Tue 18:40 | URL | Zge [ 編集]
> 土曜日は遠路はるばるお疲れさまでした^^

どうもお疲れ様でした~。

> 双子群はこちらも沢山見えました。ふたごはあと”すっごく明るいの”がごく稀に出ます。
> 自分たちではお化け流星と言ってます。今年は見てる時間帯には見れませんでしたが、流れたみたいです。2002年には満月級の大火球を見ました。しし群もあれには勝てません。

そのお化けは見たいですね。

> 「まつり」には予想以上の反響をいただいてます(笑)2月くらいまでのどこかまた開催します。
> しぶんぎ群はさらに寒いのですが晴天ならばミッション遂行です。

早くも反響ありましたか !
まつり開催時には知らせくださいね。
2011-12-21 Wed 22:30 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |