みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

棚からひと掴み その?「宇宙を解く壮大な10の実験」

もう忘れられてしまっているシリーズです。
図書館から借りてきた本を紹介するコ-ナーですが、誰も覚えていないでしょう。

今回はこれです。

宇宙を解く壮大な10の実験宇宙を解く壮大な10の実験
(2010/09/11)
アニル・アナンサスワーミー

商品詳細を見る


これはいわゆるレポです。実際、取材に行って宇宙の研究の最前線でどのような観測が行なわれているか、記されています。ウィルソン山の天文台の開発当時の様子、ミネソタ州の低温ダークマター探査実験場;スーダン鉱山レベル27、バイカル湖の真ん中のニュートリノ観測所等。

訳者が名古屋工業大学の元助教授 松浦さんなので専門用語の使い方も的確で、面白い本です。

図書館には新刊購入予算枠があり、買うのはちょっと迷うけど読んでみたいという本があれば、リクエストに応じて購入してくれるの場合があるので活用しない手はありません。

スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<25cmクラスで観ておきたい天体(NGC編) | HOME | G村初詣(by 偽ナル)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |