みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

G村初詣(by 偽ナル)

今年初(今頃かよ!)のG村に参戦しました。

金曜の研修が近場で17時に終わったので、普段より2時間早く18時に帰宅できました。
折りしも天気は快星。深夜に向かって良くなる予報がでていました。
土曜日も晴れそうですが、この天候が続く保障はありません。
ケーメー師匠が参加するのを確認できた(つまり深夜の差し入れが期待できる!!)のと
今までとは別ルートでの走行(中津川ICからの行程)を試みたかったのと、
体調がすこぶる良かった(年のせいか高気圧が近づくと調子が良くなる)ので
GALAXY TABのナビ機能をフル活用して18時50分にFUJINONを積んで出発しました。

距離的には140kmと今までの飯田IC→国道153号ルートと変わりませんでしたが、2時間20分で到着しました。
高速分が増えたので+500円ですが、疲労が少なく時間短縮できたので、このルートもありかなと思いました。

既に10人以上の常連さんが到着なさっていました。
参戦予告しなかったので、到着後の暗闇の中、コッソリ近づいて皆さんの反応を見ながら徘徊していましたが、
「炭素星」と発言した瞬間、見破られてしまいました。師匠はシルエットから怪しいとは思っていたとのこと。
ほとんどの方は双望会でお会いしているので、約1カ月ぶりの再会ということになります。
例によって 32、40、50、56cmの勢ぞろいとなり、非常に贅沢な観望となりました。

ケーメー師匠の馬頭、イッチーさんによる衝突銀河の口径別見比べ、
タッチーさんの新兵器(屈折カプリ)でカリフォルニア星雲の全景を肉眼で初確認、
木星級の火球、クリムゾンンスターが50cmでは赤くない!!
など色々と発見の多い観望でした。白鳥座の炭素星(V)はやはり暗いようで50cmでもその存在は確定できませんでした。

気温は-2度で、課題を持っていても一人だと2~3時間が限界ですが、
みんなでわいわい観望すると時の経つのを忘れてしまいます。
途中、夜食休憩をはさんで薄明近くまで色々楽しめませていただきました。

最後はしし座のヒクソン44、NGC4565をNinoさんの50cmで、
かつさんに登ってきた土星をみせていただき終了しました。
帰りは国道ルートでゆっくり休みながら朝帰りしました。

土曜日も師匠の参戦宣言がでましたが、天気が下り坂なのと、
ヘラクレス座にいるガラット彗星を自宅で確認をしたかったのと、
Blu-rayハードディスクの容量削減作業があったので涙を飲んで出撃しませんでした。

ご同席いただいた皆様お世話になりました。また機会があればよろしくお願いします。
スポンサーサイト

星・自然 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<棚からひと掴み その?「宇宙を解く壮大な10の実験」 | HOME | モデルグラフィックス 2012.1月号>>

この記事のコメント

こんばんは。先日は遠路、おつかれさまでした。
遠路とはいっても2時間半でしたら十分近いですね。
金曜日は本当によい天気で楽しかったですね。
久しぶりに一晩中の観望が実現し、大満足でした。
今後は月が大きくなってきますが、そんなときには家で炭素星でも見てみることにします。

あの赤さ、くせになりそうです。
2011-11-29 Tue 22:28 | URL | Tacci [ 編集]
> こんばんは。先日は遠路、おつかれさまでした。

若い(気が)から平気ですよ~。

> 遠路とはいっても2時間半でしたら十分近いですね。

休憩なしで行けました。道も良くて楽でした。

> 金曜日は本当によい天気で楽しかったですね。
> 久しぶりに一晩中の観望が実現し、大満足でした。

今年は特に前半晴れませんでしたからね。ほんと良かったです。


> 今後は月が大きくなってきますが、そんなときには家で炭素星でも見てみることにします。
> あの赤さ、くせになりそうです。

新兵器には絶好の獲物かと思います。また、一緒に楽しみましょう。
2011-12-01 Thu 09:29 | URL | アダンの実 [ 編集]
ところで「アトラス60」はもう返って来たんでしたっけ?車載スペースに空きがあれば南知多に来られる時に持ってきてください*^^*
2011-12-01 Thu 19:40 | URL | Zge [ 編集]
無事、里帰りしておりますので、同乗させたいと思います。
2011-12-01 Thu 21:16 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |