みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

双望会 機材説明補足

おそらく誰も気にしていないと思いますが、双望会の機材紹介で紹介したラプトル50双眼の三脚として使用していた本体のアトラス60の購入理由と私の名前である「アダンの実」の由来について書きます。

2008年の夏、日食現地調査のため悪石島に行ってきました。
旅行の詳細は既に掲載済みですが、帰りの船で2009年悪石島で看護師として働くために小宝島の研修に
参加していたという方と知り合いになりました。

いろいろ話しているうちに、「小宝島で天文教室みたいなものができればいいなぁ。」という話になり、
帰宅後その企画を立ち上げようといろいろ準備を始めました。

そのうち、リハビリと島での休養を兼ねたリラクゼイションセミナーをその方の属する団体の名で開催するという話になり、案内書などを作って行く中で、そこでの天文教室用に望遠鏡が要ると判断し、
「どうせ島に送るなら注文時に送り先をそのセミナーが開催される小宝島の民宿のオ-ナーさんのところにすれば送料がかからない。」
と考え、スコープタウンさんの方に発注しました。

当時、その民宿のオーナーさんが始めたばかりのブログを通して連絡を取ろうと思い、コメントを送ることにしました。このときブログにあった「アダン」の写真が目に付き「アダンの実は食べられるでしょうか?」と書きました。

これが「アダンの実」誕生の秘密(?)です。

ところが、諸事情でセミナーは開催されず、未開封の望遠鏡だけが、しばらく小宝島に居座ることになりました。
そのうち行くと言って早2年。いつまでも場所を占領しておくわけにも行かず、民宿改修の折に連絡いただき、こちらに送ってもらう事となった次第です。

アトラス60はラプトル50と口径は1cmしか違わないのですが、値段は倍以上します。
もちろんレンズ品質も良くなっているのですが、一番の違いはこだわりの三脚です。
ラプトル50ですと蝶ネジ1本だけで位置調整、固定をしなけれなりませんが、
アトラス60の方は水平と垂直の調整ができ、ストッパレバーが別についています。
足も伸び縮みするので高さも調整できます。本格的な観望にはぜひとも欲しい機能です。
使ってみると実感できますが、良くできています(以上、宣伝)。

この場を借りて長いこと預かっていただいたオーナーさんとご配慮いただいた「じじさん」にお礼を申し上げます。
スポンサーサイト

双望会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<何年ぶり? | HOME | 炭素星の楽しみ 3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |