みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

僕とスターの99日 第2回

北斗七星のペンダント(青く透明な丸い台座に金色の☆が配置されている)を持ったヒロインがカシオペア座のペンダントを持つ誰かを探すというストーリーになってきました。
子供の頃主人公が、両親(亡くなっている)からプレゼントされた星のジグソーパズルから、中心にある北極星の1ピースヒロインのせいで
どこかにいってしまったというのが前半の話。

今回の見所は20cm反射(RS200SS?)を覗くと、まるで絵に書いたような北斗七星とカシオペア座が北極星を挿んで同一視野に見えているという図(超広角!!!)。
アイピ-スの焦点距離と視野角はいくらなのか、監修の縣先生にジックリ伺いたい。

ちなみに、ななみちゃんは主人公の妹という設定(だと思う)。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昨夜の庭観(ときどき双望会の感想あり) | HOME | 双望会レポート 2011>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |