みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

第2弾です。

今回は最新宇宙論も学べて面白いですね。
秋の夜長にピッタリです。

もしも月が2つあったなら ありえたかもしれない地球への10の旅 Part2もしも月が2つあったなら ありえたかもしれない地球への10の旅 Part2
(2010/09/23)
ニール F カミンズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<くじら | HOME | 遠近感の逆転についての考察 その2>>

この記事のコメント

こんばんは、情報ありがとうございます。第1弾から実に11年ですか。確かに満月の夜の読書にぴったりですね。
今週末は晴れますように!
2010-10-05 Tue 22:59 | URL | Tacci [ 編集]
いきなり潮汐現象の解説があります。私にとってはこれまでで一番わかりやすく正確なものです。読んでいてわくわくしてきます。お薦めですよ。天気の方は金曜の夜以外は望み薄ですね。私も明日、午後半休を取ろうかと思っています。
2010-10-07 Thu 09:02 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |