みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

遠近感の逆転についての考察 その2

 Ninoさんから頂いたコメントでDualityの遠近感に関しては疑問が解けましたが、
先のトピで最後に書いたラプトル50(屈折倒立像)双眼による左右の遠近感について確認してみました。

昨年、スコープタウンさんにお願いして、ラプトル50を2本双眼用に改造したいので三脚を1つだけにして注文できないかと問い合わせたところ、お忙しい中(量産製品のイレギューラー作業は余分な工数がかかり利益を損失するにもかかわらず)大変丁寧に対応をしていただけました。

そこで筒を2本並べて、安価な材料(木の板と塩ビパイプ用の固定プラ台)で双眼を作ってみました。
今年、さらに目幅をある程度変更できる可能性を持った形(Ver.2)に改造してしました。

色々試したところ、倒立像での遠近感は通常と変わらないことがわかったのですが、
片方を固定して、もう片方を自由に動かせる(というか、結果として動いてしまう)ので、
筒を平行でなく、少し内側にずらす(このとき目幅は広くなります)と、
ある時点で遠近が逆にできることが判りました。
つまり、左右で逆の像を見ている事になります。立体視でいう交差法です。
屈折でも遠近逆にできるんですね。なかなか面白い像になります。

今週末の天気はどうでしょうか。晴れればORP出向く予定でいます。
スポンサーサイト

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

Duality250 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<第2弾です。 | HOME | 遠近感の逆転についての考察 その1>>

この記事のコメント

こんばんは、当方ブログへのコメント、ありがとうございました。自分の日記代わりとはいえ、まだまだ貧相なコンテンツですが、今後、充実させていきたいと思います。

さて、今週末、金曜日も休みを取り、臨戦態勢にしておりますが、天気はいかがでしょうか。なんとか天気が好転してくれることを願います。
2010-10-04 Mon 22:02 | URL | Tacci [ 編集]
> こんばんは、当方ブログへのコメント、ありがとうございました。自分の日記代わりとはいえ、まだまだ貧相なコンテンツですが、今後、充実させていきたいと思います。

継続は力なりと申しますが、続けていると良い記録になりますよね。

> さて、今週末、金曜日も休みを取り、臨戦態勢にしておりますが、天気はいかがでしょうか。なんとか天気が好転してくれることを願います。

天気は微妙ですね。こればかりはどうしようもありません。
家宝は寝て待ちましょう。ハートレー彗星がちょうど見ごろになりますので、
フジさんの方を持ってゆこうと思っています。

2010-10-05 Tue 21:54 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |