みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

ボゼ祭りと日食(25)

さて、夕食とトカラ列島クイズ大会(優勝賞品はイセエビ(目録))が終わり、食事の世話をしていただいた鹿児島からのスタッフさんを拍手で労って、残すは温泉のみとなりました。

ここで民宿泊組と船泊組に別れます。民宿の空きが人数分ないので一部、船の寝台室に振り分けるられます(+5000円)。通常、フェリーとしまは宝島か奄美の名瀬港に停泊するのですが、今回は特別ダイヤで一旦、宝島まで行ってから悪石島に戻り停泊します。船泊組は巡回ワゴン車で一旦、船に荷物を運びその足で温泉に向かいます。温泉の建物は木造の年代ものです。露天風呂もありましたが、電灯が点かないようなので今回はあきらめました。泉種はイオウ泉で明らかにそれとわかる匂いです。そう言えば砂風呂もイオウの匂いがしていました。

入り口に名前を記入する紙(おそらく村人専用かと思われます)と木で作った素朴な郵便受けの様な料金箱が置いてあります。靴を脱いで板の間に上がり、木机と横イスのある4.5畳くらいの休憩スペースの横を通って奥の風呂場に行きます。手前が男湯、奥が女湯です。浴室は棚付き着替えスペースがあり、その奥のガラス戸を開けると湯船があるという小規模旅館タイプです。湯船は4,5人で一杯になる広さで、シャワー&蛇口が4箇所有り、液体石鹸とシャンプーが2個ずつ置いてあります。入り口の休憩スペースには詰め替え用の予備があり、入浴料200円はこれらと電気代をまかなうためと思われます。液体石鹸とシャンプーは、ツアーのために、置かれたものです(余ればその後も使われますが…)。(*nanannotakaさん)

最初は熱く感じたお湯ですが慣れてくるとそれほどでもありません。今日一日の垢を落としてのんびりできました。お湯から上がった所へちょうど別グループのワゴンが到着し、入れ替わりで船まで帰り、明朝のイベントに備えて早めに寝ることにしました。
スポンサーサイト

トカラ | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ボゼ祭りと美女(3) | HOME | >>

この記事のコメント

一箇所にまとめてコメントさせていただきます(^^)。

ボセ祭りと日食(7)
コンセントのほとんどは、消灯とともに切れますのでご注意ください。

ボゼ祭りと日食(10)
ADSLではなく、ダイヤルアップです(最速ISDN)。
 ※ただし、現状では、ですが

ボゼ祭りと日食(11)
因みに、ですが…
活火山は口之島、中之島、諏訪之瀬島、悪石島、横当島、です。
諏訪之瀬島の港だけは、出航の際海の色が違いますので、次ぎ行かれる機会があったら注目してみてくださいね。

ボゼ祭りと日食(13)
ワゴン車は、鹿児島から、ではなく、各島の公用車を集合させたものだと思います。

ボゼ祭りと日食(15)
アイツ、ではなく、牛、です。放牧場から脱走しないため、です。

ボゼ祭りと日食(17)
諏訪之瀬島、で合っています。また、(多分)女神山を撮影されたものだと思われます。

ボゼ祭りと日食(18)
キャンプ地ではなく、観測地、と聞いております。

海中温泉はポンプでくみ出しているのではなく、自然に湧いています。湧き出し口が台風でよく塞がるのです。因みにポンプで行っているのは露天風呂と内湯の方。


ボゼ祭りと日食(25)
液体石鹸とシャンプーは、ツアーのために、置かれたものです(余ればその後も使われますが…)。

2008-10-20 Mon 10:28 | URL | nananotaka [ 編集]
nananotakaさん、ご覧頂きありがとうございます。島の方でしょうか?詳しい情報ありがとうございます。
2008-10-20 Mon 17:40 | URL | アダンの実 [ 編集]
トカラにすんでいます。日食ばかりがクローズアップされがちですが、普段の島の暮らしこそ、注目してもらいたいな、と思っている者です(^^)。

ネットで遊んでいて、たまたま見つけました。時々遊びに越させてくださいね[ネット環境が悪いので、煩雑には…(^^;;;;]
2008-10-20 Mon 20:20 | URL | nananotaka [ 編集]
夏に遊びに行ってからさらに興味がわきました。トカラ関係の書籍を3冊ほど読みましたが、やはり地元の方の生の声が一番だと思います。実は来月も行く予定なんですよ。写真が多くてUPに時間がかかるかと思います。うちも少し前までそうでしたから良くわかります。早くブロードバンド化が進むといいですね。
2008-10-20 Mon 20:59 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |