みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

遠近感の逆転についての考察 その1

 最近ずっと気になっている事がある。
そもそも人間は目で見ているのではなく、脳で見ているのであるから、
入力される情報がどうなっているかがこの問題を考える上で重要であろう。
どうやって遠近を判断しているかというと、通常、近くにあるものは
視差角度が大きく、遠くにあるものは小さくなる。

sisakaku.jpg

その情報を脳が判断して遠近を感じているのであろう。
そうすると反射双眼では、近くにあるものの視差が小さく、
遠くにあるものの視差が大きくなっていると考えられる。
光軸が左右逆になっているのではないかとも考えてみたが、
どうみても光軸は入念に設計、製作に調整されており筒は平行にしか見えない。
では何故、逆に感じるのか?

Dualityは2枚の斜鏡で像を2度反射させている。
そのため上下が裏、東西が正立像になっているが
本来左目から入る情報が右に、右目に入る情報が左に入っているため、
視差角の関係が逆になっているが、上下はそのままなので脳が遠近を逆に判断してしまい、
そのために遠くのものが近くに、近くのものが遠くに見えてしまっているのではないだろうか
(反射による像の関係性を理論的に把握していないのであくまで帰納的考察です)。

今度は、反射式と屈折式で違いはでるのか、疑問がでてきた。
正立像でない屈折双眼では遠近感はどうなるのか。
東西南北裏像つまり倒立像になっているのはずである。
この週末ラプトル50双眼(試作2号機)で確認して見たいと思う
スポンサーサイト

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

Duality250 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<遠近感の逆転についての考察 その2 | HOME | 「何でこれがメシエに入ってないねん!」>>

この記事のコメント

反双は対象に対して右の望遠鏡で見た像を左目で見て、左の望遠鏡で見た像を右目で見ますので、交差法と同じで遠近感が逆になるのだと思います。
天体を見る場合には、もともと視差が無く左右同じ像を脳内で勝手に立体化しますので、遠近感が逆になることは無いでしょう。
2010-10-03 Sun 09:22 | URL | Nino [ 編集]
> 反双は対象に対して右の望遠鏡で見た像を左目で見て、左の望遠鏡で見た像を右目で見ますので、交差法と同じで遠近感が逆になるのだと思います。

あっ、そうですね。覗くとき対象に背中を向けるので、そのとき左右逆になりますね。
ようやく納得できました。どうもありがとうございます。
これで心おきなく LOST PLANET(PS3)に集中できます。

> 天体を見る場合には、もともと視差が無く左右同じ像を脳内で勝手に立体化しますので、遠近感が逆になることは無いでしょう。

その点は問題ありませんね。
2010-10-04 Mon 00:34 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |