みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

この世の果てまでイッてチャッキリ その10

最終回 氷上のゴールデン・コロナ

 当初の予想に反し、マンガイアほぼ全滅、ハオ島雲越し、イースター島かろうじて雲を避けた今回の日食。
全ての予想を覆し、第3接触まで快晴の空での観測に成功した女性がいる。

ナショジオグラフィク賞も受賞経験のあるミス・チャッキリだ。

うら若き女性である彼女が世界的権威のある賞を受賞したのは、単なるビギナーズラックと言う人もいるかも知れないが、今回のゴールデン・コロナに巡り会えた彼女のこれまでの行程を追体験されたら、その道のりは決して平坦ではなく、まして運だけではないことをご理解していただけるだろう。
受賞式で彼女が我々に披露してくれた貴重な写真を持ってこの物語を締めたいと思う。

その時、風が止まった。

太陽が金色の翼を羽ばたかせる、まさにその瞬間(トキ)。
cha19.jpg

ブリザードは治まり、周りの冷気は静寂を纏(まと)った。

そして、太陽はその翼を広ろげて羽ばたいた。
chaa_20100818150329.jpg
(BGM アクアマリン「太陽の翼」)

月の影は少しずつ移動し、
cha21.jpg
やがて去ってゆく。

そして太陽は、
cha24.jpg

翼を畳む前に、最後の輝きを放った。
cha25.jpg
























<おまけ>
cha22.jpg

Nino:ところでフィクションて、これほとんど事実やんか。どのあたりがフィクションなん?
TAK :そりゃ、“うら若き”とか“ミス”とか、あたりちゃうん。
Nino:そかそか。
TAK :それと、日食飛行機が飛ばなかったんで、ツアー会社に払ったお金は全額戻ってきたんやて。旅費はマイレージやし。
Nino:結局、全部タダ!? さすが浪速の商人(あきんど)さん。

なお、真実のレポートは近年中にチャッキリさんご本人のHPあすとろけいの星花鳥や動物達に掲載されますのでそちらの方もご期待ください。
スポンサーサイト

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

日食 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ザ・ユニバース 第4シーズン | HOME | 最終回 直前特別企画 真実のパタゴニア>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |