みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

宇宙の始まりに挑む

パワーアップしたハッブル宇宙望遠鏡のNスペが放送されました。
he.jpg

h2_20100416045428.jpg

h8.jpg

今まではここまででしたが、
h9_20100416045557.jpg

今回性能アップしました。
ha.jpg

地上からの画との比較です。
h3_20100416045440.jpg

hn.jpg

hm.jpg

フィルタを変えてこのような画も撮れます。
hubbble.jpg

さて今回のミッションですが限界まで先を見る試みがされました。
一見なにもないように見えますが、、、
h4_20100416045452.jpg

ハッブルで見ると多数の銀河があり、その中に
h5_20100416045504.jpg

132億光年先の銀河がありました。
h7_20100416045538.jpg

どうやって年代を特定するかと言うと、赤方偏移を利用して距離を割り出すのですね。
フィルタを変えて撮影した写真を比べることで判るようです。
hi.jpg
hh.jpg

5番になくて6番に写っているのが、132光年先の銀河です。
hg.jpg

人間に例えると、宇宙が誕生して2歳の時になります。
h6_20100416045526.jpg

また、宇宙の誕生を計算で(7年かけて)シミュレーションした吉田先生の研究結果も画像で解説されました。
hl.jpg
hk.jpg
hj.jpg

監修には現在の天文学に携わる層々たる面々の名前がありました。
hf.jpg

2015年にはハッブルの3倍の口径の望遠鏡が宇宙誕生時の星:ファーストスターの画像を見せてくれるかも知れません。







劇団一人の小芝居はなくても、、、、かなと思います。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あなたのウォ-キングは間違っている! | HOME | 埼玉にある91cm反射望遠鏡>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |