みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

ポッチとAmazon.com

いまさらメシエ~、なんて言わないで下さい。
大判の写真集です。さらに、Rosse卿やRonald Stoyanのスケッチも載っていて参考になります。

Atlas of the Messier Objects: Highlights of the Deep SkyAtlas of the Messier Objects: Highlights of the Deep Sky
(2008/10/27)
Ronald StoyanStefan Binnewies

商品詳細を見る


M78の写真です。
M78.jpg

Stoyan氏の14inch反射によるスケッチです。
m78_2.jpg
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<M78星雲とハッブル変光星雲NGC2261 | HOME | どこまで見えるか? その3 B33(馬頭星雲)>>

この記事のコメント

ヒデアキです。
スカイ&テレスコープにメシエ天体に新しい息吹を与える豪華なイラストコーヒテーブル本とありましたので満月、曇りの夜のためにアマゾンで購入していました。一つ毎に発見の歴史、当時のイラストから最新のハッブル等の最新の写真、知見まで記載されていて実に楽しい本ですね。外に持ち出して夜露に濡らすのはちょっともったいない気がするので当分家の中に置いておきます。
2009-12-28 Mon 12:14 | URL | ヒデアキ [ 編集]
ヒデアキさん、ご無沙汰しております。

写真でイメージを膨らませて実物と比較するのも楽しいですね。
実際には脳で見ているので、そう思ってみると、そう見えるときがありますね。

この本に載っているM57のそばのNGC天体はちょっとした衝撃でした。
2009-12-28 Mon 13:03 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |