みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

DSSの世界 2

今日はペイントだけで遊んでみました。
NGC1999(ノストラダムス星雲)の座標を調べて、マカリでその周辺の画像をいくつか少し重なるよう座標を変えて取り込みます。
dss1.jpg

色や濃さはマカリの中で調整できます。ちなみにレインボーを選ぶと、
dss2.jpg
このようになります。

プリントスクリーンで画面全体をコピーしてペイントで切り貼りすれば、
あっという間に写真星図の出来上がりです。
NGC1999.jpg
周辺部のデータを多く取り込めば導入図を作る事もできますね。

色反転は、マカリでもペイントでもできます。
dss4.jpg

より完璧な物をお求めの方は、大森さんのブログに詳しい説明がありますのでぜひ、訪ねてみてください。

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<DSSの世界 3 | HOME | DSSの世界>>

この記事のコメント

大森です。
ブログの紹介有難うございます。
もしかして、DSSサイトから小さい画像を取っていませんか?
http://dss.nao.ac.jp/であれば、Field sizeの欄に90 90 と入れると凄く大きな画像が一気に取り込めますよ。
2009-12-03 Thu 19:20 | URL | 大森 [ 編集]
> もしかして、DSSサイトから小さい画像を取っていませんか?

あっ、サイズは指定していませんでした(汗)。

> http://dss.nao.ac.jp/であれば、Field sizeの欄に90 90 と入れると凄く大きな画像が一気に取り込めますよ。

お知らせいただき、ありがとうございます。また、いろいろ教えてくださいね。
2009-12-03 Thu 22:37 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |