みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

棚から一掴み 5

幸運にも正しい順番で読めたようです。

「コペルニクス」⇒「望遠鏡400年史」の次が本書でした。
偉大な父、ウィリアム・ハ-シェルの息子ジョンさんの伝記です。
翻訳に係わった方が写真に詳しい方で6章はやけに化学の話が出てきて、私には難易度はかなり高めでしたが、そこ以外はすらすら読めました。偉大な父の意志を継ぎ、あの時代、船(自費)で1.2m(F15)の反射望遠鏡を喜望峰まで運んで南空の星雲星団カタログを完成させた事で有名な方ですが、それは1章にしかすぎず、その他の彼の偉業が年代に沿って書かれています。父の名声を受け、余裕があったせいでしょうか。金銭欲や名誉欲もなく、ご自身の好きなことに専念し、嫁さんにも恵まれ(羨ましい)幸せな人生だったそうです。
星ナビの金井さ詳しくん名訳だと書かれていましたが同感です。

星を追い、光を愛して―19世紀科学界の巨人、ジョン・ハーシェル伝星を追い、光を愛して―19世紀科学界の巨人、ジョン・ハーシェル伝
(2009/03/19)
ギュンター ブットマン

商品詳細を見る


「虹の入り江」に叔母のキャロラインの名を冠したクレータがあるのに昨夜気がつきました。Duality250で見る月は何度見ても絶品です。
moon_20091128063002.jpg
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<棚から一掴み 6 | HOME | 再び月へ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |