みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

兄ちゃん、素人には月じゃ!(25cm反射双眼望遠鏡ファーストライト顛末)

双望会でYAMAさんから、「Duality250」(仮名 YH250)を受け取り、昨晩、星でのファーストライトの儀式を行いました。観望には絶好の半月が出ており、そのすぐ下には木星も見えます。

平日ですと21時過ぎないと望遠鏡を準備できませんので、やや南に傾きかけていた月を横目にセッティングを始めました。帰宅後すぐに「おひつ」(主鏡の入った円柱のケース)
sf13.jpgsf14.jpg
のフタを少し開けた状態で玄関先に放置し外気温になじませます。その後に夕食を済ませて、三脚のセッティングを開始。
sf11.jpg

まず水平を出すために15cm角2mm厚の鉄板を3つ地面においてその上に三脚を置き水準器でみると少し傾いていました。もともと地面に傾きがある庭です。高さ調整は足にある大きな六角ナットでできるのですが、そんなにひどくはなかったのと、あらかじめスパナを準備してなかったで取りあえずそのまま設置しました。
sf12.jpg
次に三脚の上に支柱を立てます。この支柱には方向性があります。間違えて付けない様に片側に取り付け方向を決めるビス穴があり、三脚から出ているビスがそこに入るように取り付けます。
sf15.jpg

次に本体の25cm鏡筒と主鏡をドッキングします。パッチンでワンタッチです。これはninjaと同じです。鏡筒にはバンドが取り付けてあり、バンドごと支柱の鏡筒受けに取り付けます。
sf16.jpgsf17.jpgsf18.jpg

支柱は取り付け時には動かないようストッパーで固定されています。
sf20.jpg
このとき、落下防止と確実にはまるようにカイドピンが支柱から出ています。
sf21.jpg

確実にはまっている事を確認し、固定つまみを締めます。
もう片方も同じように取り付けます。
sf22.jpg

以下、参考までに。接眼部の取り付の様子です。
sf23.jpgsf24.jpgsf25.jpg
YAMAさんの英知の結集されたワンタッチ目幅調整機構(特許申請中?)です。
sf26.jpgsf28.jpg

ここで何か変なことに気づきました。
YAMAさんに教えてもらった時と稼動方向が違うのです。
接眼部を下にしてお辞儀する方向に動くはずですが、動きません。
しばらく考えて原因が判明しました。
正面方向を間違えて反対側から取り付けてしまいました。ストッパーのある方が正面でした。

気を取り直して付け直します。取り付けたらストッパーを外します。
鏡筒を水平にして沈み込む方向に固定した接眼部の位置が揃うようバンドを緩めて筒の位置を調整します。光軸が合っていればこれで終わりです。

早速、月を視野に入れて覗きます。目幅を調整し、ピントを出し、左接眼部にある微調整ミラーで左右の像の位置を合わせます。通常は殆ど調整位置がミラー稼動範囲内に余裕で収まるのですが、ギリギリの所でないと合いません。しかも、覗いてみると違和感があります。

「そんな時は、光軸がずれています。」

YAMAのお言葉を思い出し、双望会で教わった光軸調整にチャレンジです。
原村星祭の時、国際光機のSさんに持ってきてもらったレーザーコリメータで調整します。ズレは小さくすぐに要領がわかってきたので初めてでも10分くらいでできました。
これで準備完了です。0から初めて1時間弱、慣れれば20分かからないでしょう。
この日のために2つ準備したペンタのXW20で月を見ます。

あれ?左側が見えない!光軸はバッチリ合ったはずです。???
そのとき気づきました。地球は回っている、、、。
隣家が接近している自宅の庭では1時間は長すぎました。左側の鏡筒は隣家の屋根に遮られてお月さんが隠れていました。それでも何とか見たい。すぐに鏡筒を下ろし三脚を玄関先のタイルスペースに移動させて、再度セッティング。一瞬、双眼で月を見ることができました。
両眼でみるとやはり大きく見えます。窮屈感がまったくありません。70°+70で63倍の月が視野に余裕で入ります。しかし、喜びも束の間、再び左に斜めの影が、、、。

本日、21時より自宅庭でDuality250による、お月見観望会を開きます。
御用とお急ぎでない方は、ぜひお越しください。中央道 伊北インターより4分です。

ちなみに題名は妹が15年前、FUJINONで月を見せたとき発した言葉です。

Duality の由来はここからだそうです。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

Duality250 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<月に吠える! | HOME | 双望会 レポート 序>>

この記事のコメント

御園でのFirst Assembly(初組立)では多くのギャラリーが集まったようですね。
私はすぐに見に行くことができないので、様々な天体をご覧になった印象の披露を期待しています。
2009-10-28 Wed 14:12 | URL | uto [ 編集]
> 御園でのFirst Assembly(初組立)では多くのギャラリーが集まったようですね。

おそらく私が人生において、これ以上の注目を集める事はこの先もうないでしょう。

> 私はすぐに見に行くことができないので、様々な天体をご覧になった印象の披露を期待しています。

わかりました。実は、そのためのスケッチ修行でした。
2.3m(55°)、6mm(100°)、15mm(66°)、20mm(70°)、32mm(50°)+2倍バーロー×1のラインアップでお応えしたいと思います。
2009-10-28 Wed 16:06 | URL | アダンの実 [ 編集]
既に多くのアイピースをお持ちですねえ。
凄いなあ。
フィルターもお持ちでしたっけ??
馬頭や網状も見れたら良いですねえ!
2009-10-29 Thu 10:01 | URL | uto [ 編集]
> 既に多くのアイピースをお持ちですねえ。
> 凄いなあ。

先日、双望会でやおきさんに譲っていただいた、Et6mmとXW20以外は格安品です。
基本的に良く使うのは、Et6mmとXW20mm+バーローの組み合わせになると思います。
208倍、125倍、63倍ですね。

> フィルターもお持ちでしたっけ??
> 馬頭や網状も見れたら良いですねえ!

フィルタはまだ、持っていませんが、お薦めのものがあれば教えていただければと思います。
25cmで馬頭は難しいような気がしますが、、、どうでしょう。

2009-10-29 Thu 23:52 | URL | アダンの実 [ 編集]
私はあまりフィルターには詳しくないのですが、25cmでも空が良ければ馬頭は見えると思いますよ。(私は30cmでだったら見たことあります。)
2009-10-30 Fri 14:10 | URL | uto [ 編集]
> 私はあまりフィルターには詳しくないのですが、25cmでも空が良ければ馬頭は見えると思いますよ。(私は30cmでだったら見たことあります。)

チャレンジしてみますね。25+25=50!?
2009-10-30 Fri 22:06 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |