みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

双望会 レポート 序

第2回目が予定通り 10/23.24.25に開催されました。昨年に引き続き2度目の参加です。
今年は23(金)に休みが取れず、24(土)朝からの参加になりました。
朝5時半に目覚めて、8時に出発しました。

高速は休日割引で900円(あまりありがたみが感じられない微妙な距離)、片道は132km、時間は途中でバスタオルを忘れたのに気づき、お店に寄った分も含めて2時間です。

sf.jpg
sf1.jpg

多くの方は遠くからおいでになり、福岡、高知、広島、鳥取、京都、大阪、和歌山、三重、愛知、岐阜、富山、石川、長野、群馬、静岡、神奈川、東京、埼玉、千葉、最遠は熊本から1000km近くを車で来られた方もいらしゃいました。皆様の熱意には頭が下がります。しかも殆どの方が、多くの機材も一緒です。但し、チャッキリさんは「手ブラ」でした。(*^_^*)

天気はあいにく曇りと小雨となり、初日に一瞬だけ晴れ間があったそうですが、25(日)の午後までに太陽すら見えなかったという状況でした。

普通の観望会なら、この天気だと残念なところですが、さすがに双望会。
転んでもタダでは起きないというか、晴れればもちろん素晴らしい夜空が待っているのですが、星が見れなくても皆さんとお話するだけで非常に得るものが多く、次へのモチベーションが高まります。
どなたも信念を持たれて活動されていらしゃるので、できれば全員の方とお話したかったのですが、総勢80人となると、2日ではとても足らないので、今回お話できなかった方はとはぜひ次の機会にと思っています。

(続く)



スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

双望会 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<兄ちゃん、素人には月じゃ!(25cm反射双眼望遠鏡ファーストライト顛末) | HOME | 遂に完成!! 25cm反射双眼望遠鏡>>

この記事のコメント

レポートお疲れ様です。現地では長々とお引止めしまして申し訳ありません。
会期中は残念な天候でしたが、閉会式後の光軸調整や説明、撮影会(笑)の時には晴れ間が射し、ほっとしました。帰り道では曇りから霧と、あの日あの時あの場所だけ天気に恵まれた気もして、まるでぱしふぃっくびいなすのあの日のようでした。もしかして、アダンの実さんはここぞという時の晴れ男?(笑)。
25cm双眼、可愛がってやって下さい。時間はかかりましたが、今やれることは全てやったつもりです。インプレッションお待ちしております!。
2009-10-28 Wed 01:04 | URL | YAMA [ 編集]
> レポートお疲れ様です。現地では長々とお引止めしまして申し訳ありません。

とんでもございません。懇切丁寧なご指導感謝しております。

> 会期中は残念な天候でしたが、閉会式後の光軸調整や説明、撮影会(笑)の時には晴れ間が射し、ほっとしました。帰り道では曇りから霧と、あの日あの時あの場所だけ天気に恵まれた気もして、まるでぱしふぃっくびいなすのあの日のようでした。もしかして、アダンの実さんはここぞという時の晴れ男?(笑)。

ムフフ、ばれてしまいましたか。

> 25cm双眼、可愛がってやって下さい。時間はかかりましたが、今やれることは全てやったつもりです。インプレッションお待ちしております!。

随時、ブログで報告したいと思います。YAMAさんも早くHP立ち上げてね。
2009-10-28 Wed 16:09 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |