みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

速報2 スケッチ

皆既中は暗いのでイメージを焼き付けることに専念し、細部確認用にデジカメで撮影しました。ただ、トラブルもあり一筋縄では行きませんでした。詳細は後日連載開始予定の旅日記で。
発表されている写真やTV画面を見ると「俺のとは違うなぁ、、、。」(from “臨場”)です。
コロナの色は少し暗い緑色でした。活動極小期の元気がないコロナ(by 日江井先生)とのことです。
eclips.jpg
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ぱしふぃく家の人々 ~永遠の6分38秒~ | HOME | 速報 07.22.2009>>

この記事のコメント

アダンの実さん、今晩は。船上では大変お世話になりました。

それにしても素晴らしい旅でした!。皆既日食、光害なしの星空、クルーズ客船の旅、海鳥・・・。あこがれていたものが一度に体験でき、一生の思い出となりました。不況で乗船を諦めかけていたところを励ましていただいた賜物です。本当にありがとうございました!。

船でお話しました通り、時間はかかりましたが双眼は着実に良い形になりつつあります。設計している自分ですらドキドキしています。もうひとふん張り!。思い出の原村星祭でお目にかけられるよう、最後の追い込みです。
2009-07-26 Sun 17:48 | URL | YAMA [ 編集]
> アダンの実さん、今晩は。船上では大変お世話になりました。

こちらこそ、お世話になりました。

> それにしても素晴らしい旅でした!。皆既日食、光害なしの星空、クルーズ客船の旅、海鳥・・・。あこがれていたものが一度に体験でき、一生の思い出となりました。不況で乗船を諦めかけていたところを励ましていただいた賜物です。本当にありがとうございました!。

とんでもないです。YAMAさんの実力で勝ち取った勝利です。あのような旅はそう体験できないでしょうね。本当に至福の時間でした。

> 船でお話しました通り、時間はかかりましたが双眼は着実に良い形になりつつあります。設計している自分ですらドキドキしています。もうひとふん張り!。思い出の原村星祭でお目にかけられるよう、最後の追い込みです。

いよいよですね。私もドキドキしています。詳細を伺って、さらに良いものができそうで楽しみです。ご無理をなさらないようにガンバッてください。再来週、原村でお会いしましょう!
2009-07-26 Sun 18:28 | URL | アダンの実 [ 編集]
アダンの実さん、YAMAさん、観測お疲れ様でした。

あと、早速のスケッチ、興味深く拝見しました。
”少し暗く緑色のコロナ”眼視ではどんな感じだったのだろうととても興味があります。

>発表されている写真やTV画面を見ると「俺のとは違うなぁ、、、。」(from “臨場”)です。

確かに、写真と眼視では全然ちがいますよね。
99年のフランス皆既の時は、薄黄色の眩しいコロナが印象に残っており、四方八方に筋模様が凄かったのですが、
極大期と極小期では形だけでなく色や輝度も大きく違うのですね!

今回は鹿児島本土にいましたが、日食はチラッと見えただけでした。98%の最大食の時には、夕方のように暗くなり体感はできました。

「日食バージョン」にはありつけませんでしたが、白熊の他、鹿児島は満喫できました。
今回は身近な方々がいろいろな場所で”体感”をされ、疲れましたがアクティブな一週間でした。

また、お話を聞けるのを楽しみにしております。
2009-07-26 Sun 20:52 | URL | Zge [ 編集]
Zgeさん、鹿児島遠征お疲れ様でした。

> 確かに、写真と眼視では全然ちがいますよね。
> 99年のフランス皆既の時は、薄黄色の眩しいコロナが印象に残っており、四方八方に筋模様が凄かったのですが、
> 極大期と極小期では形だけでなく色や輝度も大きく違うのですね!

空の状態、太陽高度にもよると思いますが、同じものは2つとないでしょうね。同じサロスでのメキシコのラパスで見たコロナは白っぽく元気だったような気がします。極小期でも明るさ、色(最近強く意識するようになりました)が違う印象を受けました。そこが日食病の根治が難しいところかもしれません。ダイヤモンドリングが消えて皆既になった瞬間はまさに3E(exciting、emotional、exotic)でした。

喜界島は第二候補だったので、空港で会われた方のお話も興味があります。YAMAさんの望遠鏡は9月の下旬にG村で初披露目できそうなので、そのときに色々お話するのを楽しみにしています。


>
> 今回は鹿児島本土にいましたが、日食はチラッと見えただけでした。98%の最大食の時には、夕方のように暗くなり体感はできました。
>
> 「日食バージョン」にはありつけませんでしたが、白熊の他、鹿児島は満喫できました。
> 今回は身近な方々がいろいろな場所で”体感”をされ、疲れましたがアクティブな一週間でした。
>
> また、お話を聞けるのを楽しみにしております。
2009-07-27 Mon 12:00 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |