みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

くじら銀河 NGC4631

 一昨日、かみのけ座からりょうけん座を双眼鏡で徘徊していると、なにやら目立つ星雲が。周辺の星をスケッチして、あとで確認すると「くじら銀河」と言われているNGC4631(m=9.8等級)でした。くじらの塩吹き部分にあるというNGC4627(m=12.5)は見えませんでした。多分、私の機材ではよほど空の条件が良くないとわかりません。その周辺にもダブル銀河のNGC4656(m=11.0),4657(m=10.5)があるようですが、これも暗くて気づきませんでした。今までは、写真をみて、今度はこれを見ようとかやっていましたが、最近何気に眺めておっ、と思った新天体があれば周辺の星並びをスケッチして後で確認するという事をやり始めています。おとめ座やかみのけ座はこのやり方が面白いですね。同定にはGoogle SKYが便利です。この「くじら銀河」は最近、卓球に目覚めたutoさんもHPにもしっかり載っていました。さすが師匠です。(ヨイショ)

追記:師匠こんな感じでした。結構大きかったですよ。
4631.jpg
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

天体スケッチ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<あと2か月 | HOME | 変光星 HD141527>>

この記事のコメント

よいしょされたので、出てきました。
NGC4631を双眼鏡で見つけるなんてすごいですね。どんな感じに見えたのかとても興味があります。
ところで頻繁にフジノンで星をご覧のようですが、どこに保管しているのですか?
2009-05-22 Fri 14:07 | URL | uto [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |