みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

メシエマラソン

 この週末、某所で開催されたメシエマラソン参加のため、T山に行ってきました。初めて行く所なので少し早めに出発したら、意外とすんなりたどり着く事ができました。

 時間があったので、今朝見た金星が日没も見れるかもしれないと思い、西側が開けている場所を求めて山頂まで行ってみることにしました。登り口に「山頂900m」の標識があり、20分くらいでいけると見て歩き始めたら意外ときつく、細い丸太を横にしただけの簡易階段で1段の高低差が50cmあるものも多く、思わぬ踏み台昇降運動を強いられました。平地ならともかく、山を甘く見てはいけません。激しく体力の消耗しつつ道しるべを頼りに、途中1度へたり込んでなんとか登りきった時には、久々に眩暈がしてきました。息が落ち着くまでしばらく休んで頂上に設置された小さな木製観望台に上って双眼鏡で山頂からの眺めを楽しんでいたところ、隣りの丘の同じ高さにある東屋に人影を発見!なんと、近くにスキー場がありリフトの横になだらかな舗装道が続いています。そこからも周辺が360度見渡せ、怪奇植物やぬかるんだ坂道に悩まされる事もなく快適な散策ができそうな道です。下るのも楽そうです。あっちへ登れば良かったた、、、。気を取り直して日没の太陽周辺を探すも金星は見当たらず、あとで確認したら北側に10度以上離れてはいましたが高度はほぼ太陽と同じだったので、空が完全に晴れていたとしても手持ち双眼鏡では確認はできなかったと思われます。雲間に沈む赤い夕日が見れたと言う事で、慣れない山道を真っ暗になる前に下山して、集合場所に戻りました。途中で「ワンとなくカエル館」のカンバンを見て反対方向に進んでしまった事に気づき引き返すという失態を演じながら戻ったときには既に殆どの方が到着していました。

 今回、参加されたのは、このために米国から来日なされたutoさん、メシエマラソン図表を全員分作成してくださったそらさん、花粉症にも負けず一番乗りで到着されたワントニックポニ-さん、はるばる奈良からおいでになったシバさん、ここを主戦場にしているやおきさん、理論派のイッチーさん、スケッチの師匠Zgeさん,写真家の徒空さんです。あっ、ケーメーさんとNinoさんがいないぞ。さすがにこの気温と風にトドメめを刺されたようで今回は欠席されました(コメくださ~い)。気力も萎え始めたころにカトーシェフのビフシチューが到着して、なんとか木星を見るまで留まることができました。寒さ対策は充分していったつもりですが、体は芯まで冷え切っていたため帰宅後の温泉も思ったほど効果が出ず日中は転寝を繰り返す体たらく。観測地の標高は1200mで自宅(800m)よりも高く単純計算で2.4度低い事を忘れていました。T山山頂は1451mでした。ちなみにマラソンの結果ですが、
M1、3、4、5、13、35、36、37、42、43、46、47、51、52、57、60、64、65、66、78、79、81、82、84、86、87、88、93、98、99、100、104。
(他力本願の分は含んでいませんので見れたのはこれより多かったです。)

透明度はいまいちでしたが、空が広く一晩中なんとか天気が持ったので初めてにしては上出来です。金星ではかなわなかった同一天体の24時間2度見もM52で実現できました。半年前はおそらく1桁であろうメシエ天体の自力導入が2桁できたのは嬉しい進歩です。来年は自力導入オーバーエイティを目指します。いつもよい刺激を与えてくださる皆様に感謝です。どうもお疲れ様でした。


スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<YH250改めYH500遂に完成!! | HOME | 今月のニュートン>>

この記事のコメント

TNGではフジノン15cmを自由に使わせて頂き、ありがとうございました。
使い易くてほんとに良く見える双眼鏡ですね。
また、内合の金星を見ようとするアダンの実さんの根性にも驚きました。
頑張って見ようとすると、案外見えるものなんですね。初めて知りました。
現在再び渡米(帰国ではない)していますが、近いうちに帰国(来日ではない)しますので、また遊んでください。
2009-03-31 Tue 22:39 | URL | uto [ 編集]
 今回も親子2代で制作された素晴らしい45cmでdeep skyを堪能させていただきありがとうございました。目印がない薄雲の中で数々の夏メシエを導入された手腕には感服するばかりです。FUJINONはいつでも自由にお使いください。
 星ナビの金森さんの記事で25,26日は朝夕金星が見れるというのがあり、これは金星が太陽の北側に位置するという特殊事情があることを知りチャレンジしてみましたが、夕方山登りしたのは、もともと高い所に登りたがるという性格が根源にあると思われます。朝は44mm×10倍でも三日月の形に見えたのは、感動でした。
2009-04-01 Wed 09:28 | URL | アダンの実 [ 編集]
金森さん→金井さん。
2009-04-01 Wed 21:38 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |