みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

セレンディプティ

 茂木さんが出ていたTV番組ネタです。ちょっと前の「前向き思考」ですね。失敗も経験として前向きにとらえ、常に前進していれば必ず道が拓ける。そのときに備えて準備は怠らないということだそうです。

 子供の教育については「大人が子供のやって入る事に対して既成概念で干渉してはいけない。広い愛で見守ってあげれば自然と才能が芽生える。」ということでした。もちろん社会的に誤った行動に対しては厳しく接しなけばいけませんが。

 失敗の経験が思わぬ結びつきを生み、今までなかったものが生まれるのです。その成功例として「粘着力の弱い接着剤」から生まれたポストイット、「植物への好奇心」から生まれたマジックテープ、ニトログリセリンが漏れて珪藻土に吸収されることがキッカケのダイナマイト、カミオカンデの精度を上げ、見事超新星爆発に遭遇したチャンスを生かし理論でしか存在しなかったニュートリノを捕らえた小柴さんが取り上げられていました。小柴さんの話はBS-hiの100年インタビューでも知っていたので、さほど驚きませんでしたが、その番組ではNo.1として取り上げられていました。

 星に関して言えば、曇りの日でも「utoさんのHP」を見て観望する天体について情報を集めておくということでしょうか?星見の準備は怠らないようにしたいと思います。
スポンサーサイト

雑学 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<鉄道博物館 | HOME | 宇宙のしくみ>>

この記事のコメント

様々な話題、勉強になります。
でも私には難しすぎて、コメントし難いなあ?!

こんな時は星でも眺めて頭を休めるとしますか?!
2009-03-07 Sat 16:06 | URL | uto [ 編集]
10行にしたのでわかりにくかったですね。星を見たいのですが最近、晴れませんね。utoさんのHPの肉眼最微光チャートを実際に使ってみたいのですが。
2009-03-07 Sat 22:09 | URL | アダンの実 [ 編集]
いえいえ、内容はよく理解できましたよ。
素晴らしい話で、”うん、そうだよね!”というしかないって感じ、、。(わかります??)

ところで球状星団12個を一気に見る為のガイドを作りました。15cm双眼鏡に最適だと思いますので、見に来てください。
2009-03-08 Sun 16:57 | URL | uto [ 編集]
12球状星団の手動ガイドありがとうございます。さすがutoさん、引き出しが多く、テーマがオシャレですね。観望するのが今からとっても楽しみです。
2009-03-09 Mon 22:52 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |