みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

スケッチ道具

utoさんのリクエストにお応えしてスケッチ用のクネクネライト(105円)を載せました。その他に昨日見つけた使えそうな道具も一緒に載せました。ライトは昔なつかし豆電球で単三2本(写真ではエネループを入れてあります)で使えます。上に出る光は黒テープで遮光し、下方向の光を赤いセロファンで減光しています。台座がクリップになっているのでスケッチ板と紙を同時にはさみ込んで使えます。首を動かせば光の投光場所と明るさを調整できます。右上の写真にある青い丸ボタンが電源スイッチでここでON/OFFします。この部分も首と一緒に回転します。おもちゃっぽいけど実際使ってみると大変使いやすく今年一押しの商品です。分割手数料はわずかです(スーパーでカード使うと、どんなに安くても「分割ですか?」って聞いてきますよね。一度、100円を「10回で。」って言ってみたいけど勇気がありません)。以前、クリップ付きで首が動かせる小型LEDライト(680円)買ったけど明るすぎるのとボタン電池で後々高くつくので、使っていません。
 エンピツ削り(238円)はテレビューの3-6ズームみたいに先頭を回すと芯の太さを5段階で選択できます。建築現場用の黒チョーク(45円)は星雲のぼかしに使えるかもしれないと衝動買い、ぼかし用消しゴム(105円、ほぼ砂ケシみたいですが、それほど硬くない)もこれから試してみたいと思います。
sketch.jpg
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

天体スケッチ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Cloudy Night | HOME | アイピースの深き悩み>>

この記事のコメント

リクエストの応えて頂き、ありがとうございました。
低価格で使いやすそうなものを揃えられましたね。
勉強になりました。
2009-01-30 Fri 15:04 | URL | uto [ 編集]
9カ月後が双望会ですから、互いに成果を発表しあいましょう!抹筆の方が楽そうですが、チョークの粉に黒鉛を混ぜて綿棒を使うと彗星のモヤモヤが結構簡単に表現できますよ。色々考えるのは楽しいですね。
2009-01-31 Sat 22:58 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |