みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

実験コーナー「Amazon.comで重い本をたくさん注文するとどうなるか?」

 昨年末にアメリカの天文、自然関連の写真集を一度に沢山注文しました。気がつくと総重量が22kgになっていました。何回かに分けたほうがいいかなとは思いましたが、果たしてこのままオーダーするとどのような事態になるのであろうかと思いつき、一度に発注しました。全てIN STOCK(在庫有り)だったので配達する人は大変だろうなと思っていると、頼んでから1カ月後の1月2日にようやく届きました。結果は、、、、。

3回に分けて配達される事がわかりました。内訳は以下の通りです。

① The Deep(4.7ポンド)+Universe(5.8)+Hidden Treasure(4.3)+Rainforest(4.8)
19.6ポンド=8.9kg
② Universe 365days(4.4)+Ocean(5.9)+Astronomy 365days(4.4)+Underwater Eden 365days(4.4)+Cosmos(paperback)(2)
21.1ポンド=9.6kg
③ Cosmos(8.3)=3.8kg(現在、未着)

結局、在庫の所在地と10kgを越えない範囲で分割されるようです。
配達してくれた郵便局のバイトさんは若い男性でした。
ご苦労様でした。

 これらの本を注文するキッカケは洋書を扱っている松本の本屋で「Astronomy 365days」をみて気に入ったからですが、価格は5300円でした。既に買い物で両手が塞がっていたのと、価格が気になったので、そこでは買わずに帰ってから、Amazonで調べると$30だったで、ついでに他のキレイな写真が多く載っていそうな本を選んでいたら今回のような事態になっていましました。

「The Deep」は深海生物のシャープで大きな写真が満載で特に素晴らしいデキでした。
「Hidden Treasure」は以前紹介した。caldwell天体の観測ガイドと同じ著者がメシエ天体とcaldwellで紹介したものを除いて、観測し易い天体を紹介したガイドブックで、これも予想以上に良かったです。

追記:JETORによると個人輸入は10kgまでが目安となるようです。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<プロジェクトYH 始動 | HOME | デアゴ 週刊「天体模型 太陽系をつくる」続報>>

この記事のコメント

本の大量発注、まるで学者のようですね。
面白そうな本があったら、また教えてください。

2009-01-06 Tue 09:49 | URL | uto [ 編集]
積読が趣味なものですから。8畳間は一部屋、本で占領されてしまいました。昔、本屋をやってみようかなと思った時期もありましたが腰に負担がかかる重労働だとわかった時点であきらめました。utoさんも、あちらで面白そうなの見つけたら教えて下さい。
上記の本は暇を見て個別に紹介したいと思います。
2009-01-06 Tue 11:47 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |