みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

世界一の双眼鏡は?

口径と所在地をお答えください。
正解はコメントの中で。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<タブレット | HOME | 近況報告>>

この記事のコメント

口径8.4m、アメリカのアリゾナ州にあります。ハッブル宇宙望遠鏡の10倍の分解能があるようです。うー、見てみたい(目幅が合うのか)。
2008-11-13 Thu 14:22 | URL | アダンの実 [ 編集]
ところで、天体用の双眼鏡って、左右の視差は実質ないから、ドローチューブのところで光束をプリズムかなんかで2つに分けて、目幅にしたあと左右にアイピースつけて覗いても良いような気がするのですが...。まあ、対物レンズ(鏡)12mよりは8mの方が作りやすいからでしょうか?何のためにそんなデッカイ「双眼」つくったのでしょう??

8mの対物だったら洗面器くらいの「接顔」レンズにして頭突っ込んで見ると宇宙船の窓から覗いているような感じにできないかなぁ? 大赤斑が視野からはみ出すくらいメチャクチャ倍率上げて惑星みたら楽しそうです。
2008-11-18 Tue 13:33 | URL | ブン太郎 [ 編集]
「2基の比較的小径の反射望遠鏡を並列で撮影した画像を合成処理することにより、1基の大口径の反射望遠鏡以上の解像度を得ることができる上に、大口径の反射鏡を開発するのに比べて小口径の反射鏡を2基、製作する方が、技術的容易性が高くなるといった利点が生まれることが、LBTの誕生につながった。」ということらしいです。肉眼ではのぞけないのかもしれませんね。
2008-11-18 Tue 23:10 | URL | アダンの実 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |