みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

小犬座のベータ星

名前をご存知ですか?
私は知りませんでした。

スコープタウンの2月の田奈観望会で、教えてもらいました。
小学校1年生のコウタロウ君から。

お礼にメシエナンバーについて、教えてあげました。
来月、全部覚えていたらどうしよう。

15年前、原村でアキノリ君と深海魚の話で盛り上がったのと同じような状況でした。
あのとき彼は幼稚園の年長組みでした。
以来、毎年星祭で会っています。

第2のアキノリ君誕生の予感がします。
スポンサーサイト
星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

日食報告会と田奈観望会 2013.2.17

充実した発表会でした。
色々なところでの観測の様子が多角的にわかり
あたかも自分が出かけたような気分になりました。
日江井先生が目の前に座っておられ、
前回の船でサインをいただいた時の事を思い出しました。

塩田さんのようなベテランでもあのような事が起こるんですね。
ご無沙汰していた方々にもお会いできて良かったです。
発表されたデータや画像がDVD(送料込み1000円)で入手できます。
詳しくは日食情報センターまで。

アフターの懇親会はスコープタウン田奈の観望会のため参加できませんでした。
観望会の方は風が強く観望には不向きな天候でしたが、
アマゾンさんに替わってコウタロウ君(小1)と色々話しができました。
大沼さんは明け方の小惑星通加観測のため欠席されたようです。

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「皆既日食報告会」のお知らせ

いよいよ、待望の報告会です。
--------------------------------
【2013年2月5日 日食情報センター】
日本からも多くの天文ファンが駆けつけた、昨年11月14日のケアンズ皆既日食。
東京都港区で16日、アマチュア天文家の日食観測遠征のための情報サービスを
提供するボランティアグループ「日食情報センター」主催の観測報告会が開催される。
《「皆既日食報告会」のお知らせ》
日食情報センターより

月の本影がオーストラリア北東部から南太平洋を横切った昨年11月14日の皆既日食には、
日本からも数千人の人達が出かけました。

日食情報センターでは、この皆既日食を様々な角度から振り返るとともに、
今後の皆既日食遠征に向けての課題の共有を図るため、報告会を開催いたします。
参加は自由ですので、ふるってご参加ください。

■ 日時:
2013年2月16日(土) 13:00~17:00(開場12:30)
■ 会場:
港区赤坂区民センター(コミュニティセンター) 区民ホール
(東京都港区赤坂4-18-13  赤坂コミュニティーぷらざ内)
■ 内容:
11月14日の皆既日食はどのように見えたのか
全体の概況と、主な観測ポイントの状況を報告します
日食観測に関する最新の取り組みの紹介
学術的な観測成果や、新しい観測法・撮影法を報告します
今後の日食に関する情報紹介
2017年の米国皆既日食までの皆既日食情報を紹介します
■ 参加費:
500円(情報誌「2013年日食情報」購読者は無料)
■ 主催:
日食情報センター
(以上、アストロアーツHPより転記)
----------------------------------
晴れれば、夜は田奈でスコープタウンの観望会がありますね。
久々に天文漬けの一日になりそうです。

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |