みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

kobo使用感

ようやく使い方に慣れてきました。

現在273冊入っています。短編が多いので使用容量は103MB。
全体では1258MBの容量があるので、10分の1も使っていません。
これだけ読むのも時間がかかると思います。


今回買い足したのはエドガーアランポーの英語版全作品集(80円)
あとは青空文庫の小栗虫太郎、漱石、芥川等。

読んでいる途中に画面真ん中をタップすると下にメニューバーが出てきて文字の大きさを変えられますが、アナログ的なインターフェースでバーをなぞる形になります。数値入力で変えられたほうが調整しやすいかなと思います。

kobo自体の初期化には、PCが必要ですが、一度入れてしまえばWiFi接続できる環境があれば、
本を探したり購入することもできます。

効率から行くと、PCでkoboディスクトップアプリを動かして、
こちらでコンテンツを探してダウンロードしておき、
後でkoboをつないで「ライブラリーを同期」するほうが楽かと思います。
PCだけではダウンロードした作品はタイトルは表示されますが、読めません。

kobo.jpg

ひとつ気になったのは、koboの背面が汚れに弱い点。
背面の網状目の部分はひとつひとつが凸状になっていますが、いつのまにか「かばんの中に一緒に入っていた新聞のインク」で汚れていました。

kobo2.jpg

早くケースがこないかなぁ。

スポンサーサイト
| コメント:0 | トラックバック:0 |

長年の疑問解決する。

ブックフェアのとき知った自然科学書協会の公開セミナーが7・22に神楽坂であったので行ってきました。
講師はサイエンスライターの竹内薫さんと内田麻理香さん。

会場は予約者(HPより)で130人ほぼ満員。ただしキャンセルも出たようで最後尾は席があった。
メールを印刷して持ってくるように指示があったが、名前を告げると難なく入れた。


内田さんは料理と科学の関係を解説してくれた。パスタを茹でる時、塩を入れるのには「タンパク質の変性」を利用して麺にコシを持たせるためであることを知り、大学時代からの疑問に終止符が打たれた。
上手なジャガイモの皮むきを科学的側面から解説。料理の幅が広がりました。期待していなかったが結構面白かった。帰ったらやってみよう。

竹内さんはコマ大数学科で知っていましたが、最近ブラックホ-ル好きと知り一度顔を見ておこうと思いました。
講演はヒッグス粒子から始まり、素粒子、ブラックホールについてわかりやすく解説してくれた。
あとでツイッタを見たら8月にでる本の原稿かららしかった。特に重力と素粒子のくだりは非常にわかりやすかった。
この本は読んでみたい。

内田さんは時間があまり、竹内さんは時間が足りない感じで、予定通りの時間で終了した。
都内まで出るのは1時間半ほどかかるが、その気になれば有名人と直接会えるのがいいですね。
雑学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

kobo来る!

楽天で3000ポイント(9月に)付加されるので、夏のボーナスでなんとか買える!
ということで、締め切りぎりぎりの7月19日に申し込みして、翌日到着しました。

悩んだのは本のラインアップが締め切り後でないと明らかにされないのとPCのRAMが480Mしかなくて無事インスト-ルできるか不安な事。
色々記事を見かけますが、どれもHPから引用ばかりで役立たず。
どちらも見切り発車ですが、結果、問題ありませんでした。

青空文庫で無料ダウン-ドしたのは、寺田寅彦の「アインシュタイン」、夢野久作「霊感!」、
新美南吉「たけのこ」、島崎藤村「家」、太宰治と夏目漱石は後日予定。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」はプリインストールされていました。、
1万冊とか言われているけど2ページくらいのものも1冊とカウントされているようです。

有料ではプロジェクトX「すばる望遠鏡」約50ページで100円、
「ゴジラ」100円、、「The Vampire Mysteries」1円(英語)。
「ミニスカ宇宙海賊 #1」286円(期間限定半額)。
大体は価格は本と同じです。ページ2円換算かな?安いものはページが短いものです。
「天地明察」は文庫と同じ価格でした。これは紙で欲しいかも。
せめて紙代分安いければいいのに。
講談社が好きなので、ラインアップについては自分的に満足しています。
京極さんの持っていない小説も後日購入しようかと。

表示部は文庫の1ページ。画面左をタッチすると次のページに切り替わります。
左手で持てば片手でOKです。タッチ範囲は3通り選べます。
サクサク読み進められます。

機能として便利と感じたのは、どこまで読んだかパーセント表示される事と、
電源を切っても読みかけの本の表紙を表示することが可能でその間電池は消耗されない点。

あくまで個人の感想ですが、価格に対する満足度は結構高いです。
電車の中で読むのは良いですね。
ただし、周囲が暗いとだめ。そのあたりは本と同じです。

保護ケースが欲しくて種類の豊富なkindle用(ほぼ同じサイズでkindleの方が縦横5~6mm大きい)を発注しました。

外部用メモリとしてマイクロSDが使える模様。海外製と同じ仕様なら32Gまで可能なはず。
ただし、データ仕様が良くわからないし、当面必要なさそうなのでしばらく様子見です。
| コメント:0 | トラックバック:0 |

京極夏彦さんのお話

5年前に一度、出展者として参加したこともある国際ブックフェアで生講演をやるというのでネットから予約して参加したのが「世界の半分は書物の中にある」と表した作家 京極夏彦の講演会。

買ってはいるが、まだ積読状態の氏の小説。
しかし、同じ水木マニアとしてその言動には注目していた。

著名人の話が直接が聞けるのは、住宅補助なしでこちらで働いているものの唯一の特典であるので、
休日ではあるが重い腰を上げるだけの価値はある。

1500人の会場に3700人の応募があり、別会場でも同時中継が追加された。

トレードマークである一部茶に染めた髪と愛用の指抜き皮ブローブをはめて着物姿で登場。
粋だねぇ。

本人曰く、「まだ、本も捨てたもんじゃないね。」

内容をかいつまんで書くと、

言葉は人類にとってすばらしい発明である。
言葉なくしてなにも伝えることはできない。
生の反対は死でなく、死の反対は誕生。
生である今だけが唯一知ることができ、過去にも戻れないし未来もわからない。
死後の世界は、ない。しかし、それじゃ悲しい。死後の世界を作った。
それは書物の中に存在する。

小説は読者がいてはじめて完結する。取り説ではないからあえて全部説明しない。
あいまいな部分を残し、その余韻は読者に構築してもらえるように書いている。
読者それぞれ持って居る語彙が違うのでそれぞれの物語が存在する。
読まれた物語は読者の中にあり続け、いつでも追体体験することができる。

一度目と二度目では必ず違う感想も持つことができる。
編集者も作家もわざわざ面白くないものを作るわけがない。
面白くない本はない。面白さが見つけられないだけ。

数万冊の本に囲まれた生活を送っている京極さんの話は
予定通りの70分で万来の拍手を持って終了した。

さすがに子供は居ないが集まった人々の男女比、年齢はあまり偏りがなく幅広い人気がある。
私の持っていない水木本を持っている実にうらやましい人物である。

こちらに住んでいる利点を利用して谷村美月のサイン会も行きたかったが金銭的理由で断念。
せめてAKBのドーム公演だけ行かなくては!


| コメント:0 | トラックバック:0 |

継続は力なり

第555回でした。

先月の第三土曜日に20数年ぶりに行ってきました。
王子にある駿台学園高校の一般公開の天文講座です。

会場は、大ホールから実験室に移動していましたが、老若男女50人くらいの方がいらしていました。
今回はJAXAの坂尾さんが「ひので」について、その概要と最新のデータを交えて話をしてくれました。
一般の方に標準を合わせているこの講座にしては、難易度がやや高い内容でした。
地球ドラマチックで太陽の話を見た後だったので、「ひので」のデータがどれほど役立っているか知ることができました。「ひので2」も計画中とのこと、近頃何かと話題の太陽なので人気も高かったようです。

久しぶりに訪れた駿台学園でしたが、懐かしさとともに地震の爪あとが残る校舎に少なからず心が痛みます。
しかし、初回から46年以上も続けられてきた天文講座、受講者や講師の先生方の違いはあれど、これまで継続されたきたことに感動さえ覚えます。私学の良いところですね。先生や生徒さんたちの努力に敬意を払わずにはいられません。まさに継続は力なりです。

講座が終わってからの打ち上げの場所も20数年前と同じ店でした。
このメンバーはあいかわらず元気で、いままでは原村星祭で年に1回再会していた面子です。
お店の女の子(当時)も健在で、その声を覚えていた自分にも少なからず驚きました。

変わるものと変わらぬもの。2つを同時に感じることができた稀有な一日でした。


星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |