みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

Duality250の近況2 自作オプション編

年末からいろいろ作っています。たいしたものではありませんが、あると便利かと思います。

まずは、小物入れ。
du2.jpg

アイピースやスケッチ用の道具をちょっと入れておくのに便利です。材料は100円ショップで購入したプラ製のゴミ箱、伸縮ポール、金物フック、ブックエンドと保存食パン(保存期間の3年が今月終了)の入っていた缶です。
du3.jpg

筒を架台に取り付けるとき手元を照らすLEDライト。シール付金属プレートが付属しており本体の底がマグネットになっているので自由に取り外しできます。
du4.jpg

架台の水平を確認するための水準器。高さ調整は19mmのスパナ(100円)で簡単にできます。
du6.jpg

本日の目玉、目幅確認冶具(110円)です。左右の接眼部の位置(回転方向)を確認するのにも便利です。
du1.jpg

庭で使う金属プレート(250円)です。
du9.jpg

我が家は3方向が人家に囲まれています。そこで周辺生活光遮蔽壁を開発しました。
床断熱用アルミシート(2畳用580円)、をゴム製パッチ(100円)で補強し、のぼり用ポール(380円)に結束バンドで取り付けます。
du10.jpg

庭に水道パイプ(直径25mm)を50cmの深さに埋めてポールを差し込みます。使わない時は太陽ライトを差し込んでおきます。
現在の課題は、庭の土が凍ってしまい、あと6箇所の穴が掘れない事です。
du12.jpg

工作用の作業台(1280円)の穴をアイプース仮置用に3つほど大きくしました。アイピース交換はバランスを考えて1個ずつ行うので最低3つ必要です。この台は星図置き場としても使えます。
du5.jpg

体を固定して見たいときは、2段脚立(2580円)がちょうど良い感じです。
du8.jpg




スポンサーサイト

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

Duality250 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ボタニカルアート

bo0001.jpg
bo.jpg

地元出身の方の作品です。スキャンしたレプリカはA4サイズです。原画は1×0.7mくらいありました。ミュージアムは家から車で15分の所にあり、複数の作品が無料で公開されています。「かんてんぱぱ」は今まで一度も業績が前年度割れしたことがない事で色々なメディアにも取り上げられている人に優しい会社です。

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

雑学 | コメント:4 | トラックバック:0 |

Duality250の近況

Duality250のもう片方の主鏡の洗浄をしました。
写真では判りにくいのですが結構汚れていました。
D1.jpg

まず底のビスを外します。
D2.jpg

底はこうなっています。
D3.jpg

お風呂で滝に打たれて修行しました。
D4.jpg

ミラー乾燥時には床の上にクッション代わりに車用フロアーシ-ト(厚手のビニール製)を使いました。安くて弾力があり透明なのでとても使い易かったです。

以前、第二ミラーに調節機構のついている筒の主鏡を洗浄しましたが、今回は反対側の方です。
2カ月位時差があったせいか、ちょっとガンコな小さな点状の汚れが取れませんでした。
あまり無理してキズ付けたくないのでそのままにしました。仕上げにコンタクト用精製水(マツキヨで500ml/88円)を流しました。

洗浄した後の再組み立ての際、内部構造をじっくり研究しました。
mainmirrror.jpg
光軸調整のメカニズムが理解できました。底板の内側に調整ビスをねじ込むネジ穴が切ってあります。
3本ある調整ビスの頭が主鏡プレートに均等に乗っていないと筒を傾けたとき光軸がズレるんですね。
今まで闇雲に回していたので片方に力がかかっていたようです。以前YAMAさんから教わった「底板からビスのネジ山が0~6mmくらい見えていればOK」という意味がようやく理解できました。

それと本体とミラー分割のパッチン止めの締め付け(調整できます)がいつの間にか緩くなってきたのに気づかず垂直に立てた時、片方のパッチンが外れミラー部が宙吊り状態になるというクリフハンガー体験をしました。
事前チェックはもちろんですが、見落とす事もあるので何らかの対策(セイフティネットみたいなもの)を施したいと思っています。

斜鏡はバックヤードさんのHPを見て調整しました。こちらも以前、意味もわからず触ってしまい、片方が筒口方向にズレていました。ようやくYAMAさんに納入してもらった時の状態に戻りました。

調整も無事終わり小接近の火星を見ようと思って外に出たら、、、雪でした。
ここしばらくは天気が悪いようですね。

PS:YAMAさんが正確な構造図を送ってくれました。いつもフォローありがとうございます。
CELL.jpg

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

Duality250 | コメント:0 | トラックバック:0 |

金環日食 in INDIA

ぱしふぃっくびーなすで知り合ったカズちゃんが送ってくれた現地の新聞です。
eqilisp.jpg

とてもよく見えたそうです。
eqilisp0001.jpg
貴重なものをありがとうございました。
イースター島の分もよろしくお願いしま~す。

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

日食 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ジーン・シモンズさん死去

uto師匠、大変です。詳細はこちらに。

テーマ:音楽・映画・DVD - ジャンル:趣味・実用

映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |

次回は14年後、すばる食

すばる食です。アストロアーツのHPからイラスト(無断)引用しています。
帰宅する頃には2つ目(アルキオーネ)が潜入しています。
Duality250の得意分野ですし光軸調整も無事終わったので庭で見ますが天気が微妙です。
すばる食は一度に複数の星の潜入、出現が見れるのお得感がありますね。

M45M.jpg

結果報告
YAMAさん、ライブレポートありがとうございました。こちらは2層の雪雲が入れ替わり立ち替わり絶えず月の前を薄く覆って、アトラスの潜入のみの確認に終わりました。2層というのは、月より近傍にピントをずらすと動きの早い粒子が流れて行くのがわかり、さらに近い側にピントずらすと先ほどとは90度回転した方向に粒のやや大きな比較的速度のゆるい粉子(雪だと思います)が確認できたからです。すばる食がなければ気づかない発見でした。しかし、あの状況で食が観測できたのはDuality250の底力のおかげですね。ちなみにアイピースはハイペリオンズームの倍率を左右かえて全体と拡大を同時に観測しました。

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ポッチとAmazon.com

いろいろ天文書を買いましたが、ちょっと変わりダネを紹介します。

Star-Hopping: Your Visa to Viewing the UniverseStar-Hopping: Your Visa to Viewing the Universe
(1997/04/13)
Robert A. Garfinkle

商品詳細を見る


これは、ある程度効率よくスターホッピングをするためのガイドブックです。月単位に有名な星座別に天体が固まっている所に注目してまとめて観たい所を紹介しています。これからスターホッピングを始める方のためのガイドブックです。本をスキャンするのは著作権上、精神衛生上好きではないので、リクエストがあればお応えする形にしたいと思います。
minowa0006.jpg

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

| コメント:0 | トラックバック:0 |

いよいよ明日は金環日食

継続時間が11分あります。西日本では部分日食になります。平日ですが、幸い天気が良さそうなのと、マスコミが騒いでないので見ようという意志があれば見えると思います。

GW-01198.jpg


テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ポッチとAmazon.com

表面写真が発表されてから何かと話題になっているベテルギウスですが、以前買っていた本にもでています。
1等星以上の明るい星21個それぞれにドラマがあって面白く読めます。

The Brightest Stars: Discovering the Universe through the Sky's Most Brilliant StarsThe Brightest Stars: Discovering the Universe through the Sky's Most Brilliant Stars
(2008/04/21)
Fred Schaaf

商品詳細を見る

ちなみに表紙以外はモノクロです。

この本を参考にサイズ比較図を作ってみました。四角で囲まれた範囲が同一縮尺です。
BS2.jpg

ちなみにリゲルがシリウスくらいの近さだったら、半月くらい明るく見えるというようなトリビア満載です。
著作権がなければ全部紹介したいくらいですが、高校程度の英語力で読めますので興味のアル方はぜひ読んでみてください。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:2 | トラックバック:0 |

今ならお安くなっております。

aporo.jpg
一瞬、心が揺れましたが、、、。ダメージ指令船は初回のみ付属します。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Abell 426

大森さんからいただきました。かなり縮小して切り取りしています。元のデータの約1/6の範囲の画面になります。
表示の都合上画面ではカットしてありますが、右端にアルゴルがあるのでそこから導入できるようになっています。銀河がうじゃうじゃあるのがわかります。A2サイズで印刷したくなります。
abell426.jpg

我が家からはちょっと無理ですが、南の方が開けていれば「ろ座銀河団」もいい季節になりましたね。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

モーニング・グローリー

連休中はTV三昧でしたが、BS-hiで放送されました。久々のヒットでした。
さ来年、日食帯が通るオーストラリア北部ヨーク岬半島近くにある人口200人のバークタウン村では、その独特の地形から毎年9月にモーニング・グローリーという独特な雲が発生し、その上空には上昇気流が発生するためグライダー乗りのあこがれの地になっています。この時期宿泊ロッジは長期滞在者の予約で一杯になります。
20年に一度というモンスターの発生を追っている方が今回のメインでしたが、それとは別にMr.モーニング・グローリーと称される67歳の達人の「チャンスを生かすには抜かりない準備と常識にとらわれない柔軟な発想と繊細かつ大胆な心構えが必要」という哲学は、何事にも通じるのものを感じました。

グライダーから撮影した雲の上からの画。何キロにも渡って雲が伸びています。常に上昇気流が発生しているため雲が続く限り飛行できます。
DSCF0738.jpg

衛星画像1.
DSCF0768.jpg
衛星画像2.
DSCF0770.jpg

発生時の気流の動き.
DSCF0788.jpg

雲はゆっくりと移動します。
DSCF0794.jpg
DSCF0796.jpg
下からのアップです。
DSCF0793.jpg

今回初めて観測された7つのモーニング・グローリーが同時に発生したところを上空から撮影.
DSCF0809.jpg
DSCF0814.jpg

この方がMr.モーニング・グローリーです。いつも最初に飛び上がって最後に帰ってくるそうです。
キャンプできる牽引車つきの車(KIKUTAさんの大型版)に機体を載せて色々なところに出かけ、年に200回飛んでいるそうです。仕事も現役だそうです。まあ、むこうは年に2、3カ月休みが取れますが、、、。
飛行中にプロペラが機体に収納できるグライダーを自由に操ります。
上の2枚は事前に周到な準備をしていた彼だからこそ撮影できた画です。
DSCF0827.jpg

この方が帰って後、モンスターがやってきました。
DSCF0831.jpg

通常1000mの高さで発生するのですが、モンスターは3000mで発生しました。
DSCF0867.jpg

20年ぶりの再会だったそうです。
DSCF0874.jpg

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

棚から一掴み 9

天体望遠鏡クラブ―カラー・ガイド・ブック天体望遠鏡クラブ―カラー・ガイド・ブック
(1996/07)
平林 茂人

商品詳細を見る


小冊子のような薄い本で、ほとんど既知の内容でしたが、
この中に、以前、Kー○ーさんがおっしゃってた反射望遠鏡の主鏡のクリーニング方法が
そのまま写真入りで載っていました。

Duality250の主鏡が昨年の合宿の時、筒にフタをしたまま屋外に放置したため夜露を吸い込み汚れてしまったので前から気になっていました。年末の雪が庭に残っているので稼動できないのと、このままではカビる可能性があると思い片方だけ実行してみました。

洗浄方法は、
 1.風呂場で水平に置いた鏡に水をジャージャー流しっぱなしにする。
 2.水が残っている状態で液体中性洗剤を4,5滴たらす。
 3.水をティッシュで吸わせて、なでるように軽く拭く。
 4.再び水をジャージャー流す。
 5.縦置きにして乾燥する。
です。これで気になっていたホコリが取れてキレイになりました。

Fさんの話だと、多少のホコリだけだと気にしなくても大丈夫だそうです。
これでカビる心配はなくなりました。

銀ミラーでもこの方法で大丈夫なのでしょうか。

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

| コメント:4 | トラックバック:0 |

残念!

このたびは、ビクセン60周年記念企画「ビクセン天体望遠鏡で南の島の星空を観よう」キャンペーンにご応募いただき誠にありがとうございます。

厳正なる抽選をいたしました結果、残念ながら今回は選外となりました。 今後もビクセンではこうしたキャンペーン企画等を実施していく予定ですので、ぜひまたご参加ください。

なお、キャンペーンにご応募いただいた際、有償によるツアー案内のご希望をいただいておりますので、後日、株式会社トップツアーより特別設定の有償ツアーについてご連絡させていただきます。有償ではありますが、たいへんに魅力的なツアーとなっておりますので、ぜひ参加をご検討ください。 今後とも、株式会社ビクセンをよろしくお願い申し上げます。

平成22年1月8日株式会社ビクセン「ビクセン天体望遠鏡で南の島の星空を観よう」キャンペーン事務局

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

下弦の月

そう言えば、いつも夜見ているのは上弦の月。
下弦の月は夜中すぎでないと高い位置には昇って来ない。
今まで望遠鏡でみた記憶があまりない。
徹夜してないと見れない事に気づいた。
しかし、夜更かしの習慣がつくとセロトニンの分泌が少なくなり「うつ」の元凶になるし、
ガン細胞を退治してくれるナチュラルキラー細胞が活躍できないので中々両立できない。

今朝、-8℃の中、日が射す前に外へ出て双眼鏡でみると、シーイングも良く地球照も見えた。
明日は休みなので早起きしてDuality250で見てみたい。
月は毎日表情が変わるので見飽きない。

水星と同じで、下弦の月も見ようとしないと見れないものだ。
もしかして、一生見ない人もいるだろう。

興味のない人にはどうでもいいものかも知れないが、そこに拘るのも人生。
人と違う事にアイデンティティを求めることは密かな楽しみ。
そして、同じ考えを持っている人と知り合えることは更なる喜び。

下弦の月、じっくり見たことありますか?

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

棚から一掴み 8

 天文学の発展は望遠鏡の発達によるところが大きいのですが、最近は可視光以外の観測機器が充実しています。
特に赤外線、電波、衛星を使った望遠鏡が大活躍しています。

それらによって、明らかになってきた我々の属する天の川銀河について書かれたのがこの本です。
ちょっと前までは考えられない解像度で2万5千光年先にある銀河とその中心に“あるもの“に迫っていく様子がわかりやすく書かれています。次第に明らかになって行く銀河中心の姿はとてもエキサイティングです。
文章に合わせて図と写真がうまく配置されており、判り易くなっています。

天の川銀河の中心部が何故暗く見えるのか、そこは一体どうなっているのかに興味のある方は超お薦めです。

天の川の真実―超巨大ブラックホールの巣窟を暴く天の川の真実―超巨大ブラックホールの巣窟を暴く
(2006/05)
奥田 治之小山 勝二

商品詳細を見る

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:0 | トラックバック:0 |

大森さんのDSS写真星図 大公開!

A3プリンタ購入を考えています。何故なら、、、。
oomori.jpg
を印刷したいからです。一部を拡大します。

oomori2.jpg
PGCナンバーも丹念に調べて記入しておられます。

DSS画像データを元に大森さんが作成された星図です。作成方法をブログで公開されていますが、実際でやってみるとかなり大変です。大森さんはそれを無償で公開されています。

ここの領域が欲しいなぁ、とつぶやくと作っていただけそうな予感が、、、。この時期、21時頃ならペルセウス座銀河団が家の庭から見やすい位置に来ていますが、、、。

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

海王星を知っていたガリレオ!?

今朝の朝刊に載っていました。
ネットでは朝日新聞の記事があります。こっちはカラーで見やすいですね。

鳩山首相も始めたツイッターを昨年末から始めました。つぶやくと、フォロワー(登録したメンバー)にはそのまま伝わるので、例えば 「今夜、晴れそうだからG村行こうなかぁ~。」と書き込むだけで伝わるわけです。匿名で登録できて携帯で見れるので、かなり使えそうですね。アルツハイマー症状緩和のため(会話するとボケ防止になる)に母に買った携帯ですが、家族通話設定にしてある妹や姪がなかなか電話してこないので自分用にしようかと考えております。

今日は星ナビの発売日です。ヒデアキさんのHPが紹介されているはずなので、昼休みに近くの本屋に行くのが楽しみです。(天ガには双望会の追加記事があるかも、、、)。

PS:天ガのセンターカラー6ページの双望会レポートpart2でヒデアキさん、チャッキリさんの写真が、、、。G村メンバー(そらさん、ワントニックポニーさん、Ninoさん、tamakiさんと私)も集合写真に写っているのを確認できたので今月も購入しました。来月も、もしかして、、、。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:6 | トラックバック:0 |

今年の主な天文現象

星ナビから年賀状が届きました。
nenga.jpg

ハートレイ彗星がどこまで明るくなるか、月食3連覇できるかが楽しみです。日食は今年はお休みします。


テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年は色々とおせわになりました。
雪と風と寒さにめげず今年もよろしくお願いします。

早速、始まりましたね。
moon3.jpg

次第に雲が厚くなって一定条件で撮影できなくなってきました。
食分が0.08でもわかるものですね。
今年はあと2回月食があります。果たして全制覇できるでしょうか。
moon4.jpg

テーマ:☆星が好き!天体観測 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |