みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

HIDDEN UNIVERSE

Hidden UniverseHidden Universe
(2008/11/30)
Lars Lindberg ChristensenRobert Fosbury

商品詳細を見る


金井さんお薦めの1冊。写真を楽しむだけならサイズの大きい英語版(30 x 25.2 x 1.4 cm)、画像に関する記事が結構多いので、読むのならサイズは少し小さくなるけど日本語版(25.4 x 21.8 x 1.6 cm )が良いでしょう。私は安い英語版を買いましたけど、、、。
スポンサーサイト

テーマ:とくとく生活情報 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

素泊まり3000円!?(木曽町)

但し、自炊です。腕に自身のある方は安く泊まれます。持ち込みもOKです。とても自由度が高く、融通が利きます。8月は超多忙につき営業していませんでしたが、9月の連休は人数がまとまれば、やってくれそうな雰囲気です。今日実際に行って話してきましたがとても感じの良い方でした。通常は23時までにチェクインすれば良いそうです。徹夜が続くと厳しい年齢の方、遠くから来て連泊したい方は検討してみてはどうでしょうか?URLはこちらから「のりえの家」をクリックしてください。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

木曽 | コメント:2 | トラックバック:0 |

木星絶好調!ついでに海王星も見ちゃおう。

昨日は雲間からでしたがシイーングが良くて久々に複雑な縞模様を堪能できました。
海王星も特長のある3つの星(山羊座の42,44,45)をはさんで探せばすぐ見つかりますので、ぜひこの好機を見逃さないでください。
jyup1.jpg
(画像はgoogle skyから)


旅行 | コメント:4 | トラックバック:0 |

2重星カタログ

2重星星図と言えば滝さんの作製したものが有名ですが、星ナビの金井さんがHPで紹介していたのを見つけ購入しました。

The Cambridge Double Star AtlasThe Cambridge Double Star Atlas
(2009/02/19)
James Mullaney

商品詳細を見る


前回、別の本で数値データしか載っていないものをを購入しましたが、これは赤色光で見やすいカラー印刷の中型サイズの星図で観望のお供に丁度良い感じです。紙は少し厚めの普通紙なので夜露は心配ですが、リング製本なので外してラミネートのありかなと思います。2400の2重星(多重星)、7.5等までの星と主なNGC天体、メシエの位置も載っていますので、小口径、双眼鏡の観望派には重宝するかと思います。180個のターゲットリストから始めるのも良いかも知れません。今夜あたり晴れそうなので、これを持って出かけてみようかと思います。

追記:実際使ってみました。主な星雲星団は赤いライトで照らすと反射率が変わり、その場所がよくわかるよう工夫されていました。いて座周辺のメシエ天体を確認しているときにわかりました。


テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:2 | トラックバック:0 |

どうしようかなぁ

Zgeさんは買ったんだよなぁ。

ハーシェル天体ウォッチングハーシェル天体ウォッチング
(2009/07)
ジェームズ マラニー

商品詳細を見る


中身見てないし、近所には入荷してないし迷うところです。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:7 | トラックバック:0 |

原村星祭 レポート 第3弾 太陽観望会

石井さんに今年購入したばかりのコロナド社のHα望遠鏡お持ちいただき、3回に分けて観望する機会を設けていただきました。

あいにく快晴とはいいがたい空模様でしたが、雲の切れ間を縫ってプロミネンスの変化を堪能させていただきました。大きく弧を描いて太陽面に戻ってゆくのが1つ見えましたが、このような形状のプロミネンスの下には黒点が発生している場合があるそうです。

さすがに最大口径の90mmは良く見えますね。黒点は見えませんでした。マウンダー極小期に入ったのではないかとの見解もありますがどうでしょうか。

順番待ちで長蛇の列です。
korona.jpg

携帯で撮影にチャレンジする方も。
korona2.jpg

視野イメージはこんな感じでした。
purominens.jpg



テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

西はりま天文台公園が大雨の影響で臨時閉園

【2009年8月14日 西はりま天文台】
兵庫県作用町にある西はりま天文台公園が、8月9日の豪雨により道路が寸断されたため、臨時閉園となった。
台風9号の影響で8月9日に降った豪雨により、兵庫県作用町は大きな被害を受けた。同町にある西はりま天文台公園でも、天文台公園に続く道路が土砂崩れにより寸断されたため、翌10日から臨時閉園を余儀なくされた。12日に予定していた「ペルセウス座流星群」の観望会はもちろん、その他のイベントも残念ながら中止となった。なお、気になる開園時期は、まだ未定とのことだ。
--------------------------------------------------------------------
知っていたのなら出発する前に教えてくれよ、オヤジぃ。
高速を降りる前にでゲートのおばちゃんに星祭開催の有無を聞きましたが、わからなかったので、とにかく出てみました。
harima2.jpg

敗北です。
harima.jpg

お風呂は無料開放されていました。コンビニのトイレは断水で使えません。
harima3.jpg

しかし、到着は22:30分でした。
harima4.jpg
高速に戻り、サービスエリアで一夜をすごし、そのまま島根まで行きました。


テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

原村星祭 レポート 第2弾 石井さんの講演会

演題:「お疲れ様でした!日食みられたかな?」
  講師はわざわざ東京から車でおいでになった日食情報センター 石井馨さんです。
20:00から荒天の野外ステージを避けて、研修室での発表となりました。
最終的に研修室ほぼ満員の80人以上の人が体育座り(床が硬い)で熱心に聞いていました。

内容は前半が今回の日食についての説明、中盤が乗船した「ぱしふぃくびーなす」での観測の様子、最後は次の日食について情報でした。今年の日食の集大成とも言える今回の講演は大変充実しており1時間があっという間でした。ここでしか聞けない進路決定の裏話や日食にかける思いを直接伺うことができました。個人的には、あの忙しい中、いつ撮影したのだろうと思われるプロミネンスの写真が特に印象的でした。来月の星ナビにぜひ掲載して欲しいと思いました。


この講演でしか見られなかった数多くの秘蔵写真から1枚を特別掲載。
何の写真かはご想像にお任せします。なお、この写真に関する問い合わせには一切お答えできません。
DSCF3068.jpg

原村名物、講演に対するお礼のセロリ束を「コスプレギャル」から受け取るのに何故か腰が引けてる石井さん(本人には内緒で掲載)。
DSCF3133.jpg




テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:7 | トラックバック:0 |

08/16/09 sakuにて

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

同窓会 |

お盆休み

本日、午後から17日まで高校の同期会と叔父の墓参りにのため島根の方に行って来ます。その間コメントにお応えすることができませんがよろしくお願いします。体力に余裕があれば長崎の藤城清治展にも行って見たいのですが果たして、、、、。


テーマ:日記だよ - ジャンル:趣味・実用

旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

原村星祭 詳細レポート NO,1 「日本一長い村トカラ」by チャッキリさん

発表順とは異なりますが、石井さんの回は画像が80枚以上あり、ご本人使用許諾も必要か思われますので、おそらくそれは大丈夫であろうチャッキリさんの報告を先にまとめたいと思います。

木内さんが中国日食観測遠征中に入院するという緊急事態のため急遽、鹿児島の出版記念パーティーから直接長野入りして、代役を果たす事になったチャッキリさん。顔は笑っておりますが、内心緊張しております。「大丈夫ですか?」という実効委員の方が心配そうに声をかけます。目が輝いていよいよ発表です。
DSCF3169.jpgDSCF3172.jpgDSCF3173.jpgDSCF3175.jpg

彼女は中之島で観測に挑みました。厳しい宿泊環境も日食のためなら少しも苦労とは思いません。(補足:ご本人からコメントいただきましたが、とても快適で食事も豪華だったようです。詳しくはコメントをご覧下さい。)
日食経過をスライドで説明します。曇り空の中、徐々に暗くなっってきますが、雨も落ち始め建物のそばに避難します。このあとドシャブリの雨になります。
DSCF3176.jpgDSCF3179.jpgDSCF3181.jpgDSCF3183.jpg

PCモニターの明かりが煌々と輝きます。いよいよ皆既の時間になり、真昼の闇を体験しました。皆既が終わり第3接触になると急に明るくなってきました。自然と拍手が起こります。
DSCF3186.jpgDSCF3187.jpgDSCF3191.jpgDSCF3192.jpg

自作のTシャツです。続いて日本一長い村トカラを地図を使って説明します。村の端から鹿児島にある役場までが兵庫から東京までと同じ距離です。
DSCF3194.jpgDSCF3195.jpgDSCF3197.jpgDSCF3200.jpg

食事は獲れたての新鮮な魚等をごちそうになりとても良かったそうです。
DSCF3201.jpgDSCF3206.jpgDSCF3207.jpgDSCF3208.jpg

これは悪石島のボゼ祭りの様子です。そしてチャッキリさんが撮影した星空の写真です。これは今回発行された書籍にも掲載されていますが、やはりカラーの方が断然良いです。
DSCF3209.jpgDSCF3215.jpgDSCF3216.jpgDSCF3217.jpg

中之島にある天文台。すばらしい自然。トカラ富士。
DSCF3218.jpgDSCF3219.jpgDSCF3220.jpgDSCF3221.jpg

エメラルドグリーンの海、トカラヤギ、ガジュマルの大木。
DSCF3222.jpgDSCF3223.jpgDSCF3224.jpgDSCF3225.jpg

日本が失いつつあるものがすべてここにある。最後に今回発刊された本の紹介をして発表は終わりました。
DSCF3226.jpgDSCF3227.jpgDSCF3229.jpgDSCF3230.jpg

発表お疲れさまでした。他の人には朝摘み高原野菜がプレゼントされたのですが、何故か紅茶男爵からお酒が贈られ、思わずにんまりの発表者。
DSCF3231.jpg

まだまだ伝えたい事は山ほどあったそうですが、30分という短い時間でよくまとめておられたと思います。天の川が海に映る星空があるトカラ。一度お出かけになってみてはいかがでしょうか?

ちょっきりさんのことがもっと知りたい方はこちらまで。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

天文ガイド 9月号の スケッチの記事

内容はまず、名著復刻のお知らせ(宣伝?)です。大野さんのあの本が復刻されました。

星雲・星団観察ガイドブック―いろいろな望遠鏡による見え方がわかる星雲・星団観察ガイドブック―いろいろな望遠鏡による見え方がわかる
(2009/07)
大野 裕明

商品詳細を見る


この本と例のNight Sky Observer's Guide(表紙写真あり)の紹介。

次にスケッチ道具として、サッ筆、えんぴつ、消しゴム、鉛筆削りを紹介。日本の星関係の本でサッ筆が紹介されたのは初めてではないでしょうかね。

次に、星図ソフト「The SKY Ver.6 professional」を使って恒星を印刷した“らくらくスケッチ用紙”の作り方。その際の表示する星の限界等級の決め方の解説。

銀河の作例を2,3交えてスケッチの基本を解説してあります。
utoさんやZgeさんには既知の事柄が殆どですが、これからスケッチを始める方への少し詳しい導入ガイドみたいな感じでしょうか?良くまとまっていて情報量も結構多かったです。

ちなみに私は、1つ1つ星を描いていく方が好きです。


テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:1 | トラックバック:0 |

原村こぼれ話

アダンの実「本影錐、わかりました?私はわかりませんでした。」

sachikoさん「私も~。」

ア「となりで見てたの人はわかったって言ってたんですけど。」

s「ほんえいすいって三角の影がぐーーと近づいてくるんですよね。」
手で逆三角の形を作り顔の前に持ってくるsさん。

ア「?」

s「こう、ぐーーっと。」

ア:絶句

s「違うの?」

M「月の大きな影で空の明るさが中心と端で違って見えるんだよ。」

ア:悶絶

s:「?」

以上、ライブDVDも好評発売中のアクアマリンブースでの会話でした。
(あっ、これ口止めされていたので、ここだけの話にしておいてください。)

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

日本一 長い村 トカラ

ぜひ、一家に一冊!

日本一長い村 トカラ ~輝ける海道の島々~日本一長い村 トカラ ~輝ける海道の島々~
(2009/07/15)
長嶋 俊介 福澄 孝博 木下 紀正 升屋 正人

商品詳細を見る


リクエストが多ければ予約限定全カラー版の発売もありえます!!

PS.
マサさん、p.149の写真のタイトルに注目で~す。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

| コメント:0 | トラックバック:0 |

速報 原村星祭りレポート

先週金曜(8/7)から日曜(8/9)にかけて開催された年に一度のビッグイベント長野県諏訪郡富士町の原村星祭に参加してきました。今年で16回目になるこのイベント、数ある星祭の先駆者的な存在となっており、毎年3000人以上のお客さんがおいでになります。リピーター率が高く、年に一度、お互いの無事を確認する行事として年間カレンダーの中に組み込まれている方も多いのではないでしょうか。

今年は何と言っても「日食」の話題に尽きます。毎年「お変わりありませんでしたか?」の挨拶が、今年は「どちらでご覧になりました?」になっていました。

皆既が見れ人、見れなかった人、移動しないけど部分は見た人様々方の貴重な体験談と情報交換する姿が会場のいたるところで見受けられました。「ぱしふぃくびーなす(石井さん)」、「上海(田中千秋さん)」、「トカラ(チャッキリさん)」はイベントプログラムで報告され、「ふじ丸(アクアマリンのミマスさん、sachikoさん、森本おじさん、フォーマルハウトさん、アマゾンさん)」、「おがさわら○(双望会でお会いした方)」については実際に行かれた方の話を聞くことができました。

今年は店番をさぼって、会場をうろうろしていたので、ほとんど店に居なくて、もしかして、来たのに会えなかったという方がいらしゃいましたらこの場を借りてお詫び申し上げます。

また、ヤマさんの立ち上げた「CONTACT」という会社で販売する日本初反射双眼望遠鏡の30cmデモ機の公開もされ、高い関心を示す方で大盛況でした。質問の内容も深いものが多かったです。私の注文したのはこれの25cm版ということになります。完成した折には紹介したいと思います。この30cmデモ機は胎内星祭にも出展予定です。

スコープタウンの大沼さんは事務所の整理をしてでてきた望遠鏡やアダプターを大量に持ってきたため、自社製品がほとんどないという完全なお祭りモードに突入していました。学研の人に「なんでうちより安く出来るんだ!?」と言われたという超ヒットの「ガリレオ望遠鏡」が見たかったです。「みかん」初号機はあえて説明を不親切にして、安全性を管理できる本当にわかる人にしか売りたくなかったそうで、これから素人でも安心して使えるものに改良してゆくそうです。遮光版や減光処理を追加し、さらに安全で使いやすいものにしてゆきたいと語っておられました。

スタークラウドの宮野さん、MAX松浦さんとは初対面でしたが、YAMAさんのお知り合いという事でここでは言えない面白い話をたくさん伺う事ができました。

鹿児島から飛行機で駆けつけたチャッキリさんからは「日本一 長い村 トカラ」のできたてほやほやの本をAmazomより早く2冊買わさ・・・、分けていただく事ができました。とても良い本です。トカラの今が、多くの写真(星の写真は「ナショジオ入選の実績を持つチャッキリさんが提供、素はカラーなのにモノクロなのが残念)、資料で多角的に紹介されています。惜しむらくは、印刷側の問題で予定していた日より発売が1カ月ずれた点ですが、完成度に妥協を許さなかった事がそれを補っていると思います。熟読用、保存用、トレード用(何と?)の3冊購入しましょう。希望としては全ページカラーの限定版を発売していただければ1部購入したと思います。

観望会では昼間は石井さんが持参された90mmコロナド太陽望遠鏡に長蛇の列ができました。何度も並び直しみごとなプロミネンスの変化をみることができました。刻一刻変化するその姿はいくら見ていてもあきません。みかんは月に20時間という使用制限時間がありますが、この望遠鏡はいくら見てても大丈夫だそうです。

夜は岡本さんの25cm屈折双眼望遠鏡で衛星イオの木星表面通過の過程を見ることができました。この望遠鏡は昨年の双望会でお披露目されていたのですが、あいにくの天気で見る事ができなかったので2重の喜びでした。

天気は昼間は曇りときどき晴れ、初日の夜は所々晴れ間がでて木星と月を見る事ができましたが、2日目は雷雨となる激しい天気(深夜にはやみました)で観望にはちょっと無理がありました。2日続けての夜更かしはちょっときつい年なのでその点では助かりましたが。

日食の興奮さめやらぬ中、多くのイベント、出展、出店で大変充実した3日間でした。私は都合で参加できませんでしたが、あとの祭りで「森本おじさんと行く野辺山電波天文台の見学会」もありました。イベントプログラムの内容は写真を交えて個別に報告したいと思います。

参加されたみなさん、お疲れさまでした。また、来年もよろしくお願いします。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:13 | トラックバック:0 |

いよいよ到来!これからはスケッチだーーー!


今月の天文ガイドのp.112~117に天文スケッチの記事が載っています。Zgeさん、uto師匠と進めてきたスケッチ啓蒙活動ですが、ついに時代が追いついてきたようです。気軽に始められて、視野も広がり集中力も身につくスケッチを始めてみてはいかがですか?ブログカテゴリーに天文スケッチを加えました。これに伴い、過去の記事のいくつかをカテゴリー変更しています。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

天体スケッチ | コメント:4 | トラックバック:0 |

いよいよ明日から開催! 原村星祭り 最新情報

我らの石井さんがやってくれます。

8月8日(土)の日中ですが、コロナド社のソーラーマックス90という、 Hα線で太陽を観測する望遠鏡を持ち込んで、来場された方に覗いて貰おうと考えております。 (口径9cmですので、Hα専用望遠鏡としては最大口径です)

第一回目  9:00~10:00   第二回目 11:00~13:30   第三回目 14:00~14:30

これは見逃せないです!めったに見れない太陽の姿がお目にかかれます。

石井さんの講演「今回の日食総括」は20:00からです。
なお、お嬢さん達は部活で来れないようで、ちょっと残念です。

○ジTVにも出演した関西の元気娘(?) ちゃっきりさんがやってくれます。

「日食、完全悪天候でしたが、「日本最後の秘境・トカラ」の紹介をします。 茶木恵子
おしゃべりの御題目は『日本一長い村「トカラ」と皆既日食』
友人がトカラの本を出版したので(私の提供した写真も10枚ぐらい載っています)持って行って、売っちゃってもよろしいですか???」いいんです!

その他、催しものが目白押し。ここにこなくちゃ、夏は始らない!

YAMAさんもブース出すため徹夜でがんばっています。
私はそこらへんをうろうろしているか、森本商店で店子やっています。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

久々のクイズ(賞品付き)

次の星座に共通するものは何でしょう?

・カシオペア座
・大熊座
・うざぎ座
・かんむり座
・コップ座
・つる座

正解の方、先着5名様には「海のエジプト展」会場限定フィギュアを原村星祭り会場で差し上げます。
引き取り手がない場合は、会場で売っちゃいます。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:3 | トラックバック:0 |

日食ライブ中継

トカラからネット配信でライブ中継があったようです。URLはこちらです、

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

日食 | コメント:0 | トラックバック:0 |

星空を世界遺産に!

昨日BS1でニュージーランドで星空ガイドという仕事をやっている日本人のご夫婦がwebカメラで生出演されていました。ニュージーランドのテカボという町の見事な星空を世界遺産に登録できないか町ぐるみで検討中だそうです。星空を世界遺産に認定した例は過去ないのですが、2011年末までには結論が出そうだという事です。地平線まで星がビッシリ見えていました。ニュージーランドで永住権とるのは難しそうだけど、一度行ってみたい所ですね。

こちらに関連情報があります。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コロナイメージ

眼視ではこんな感じでした。

sk1.jpg

白い紙にコロナを輝度の捕色(ピンク)で書き込み、スキャンして、色反転させて太陽を円で重ねています。使ったソフトはペイントだけです。
背景の空の色が今一再現できていません。真っ黒ではなかったと思います。
コロナの色は再現できたと思います。
ただし、船の煙が丁度重なる位置だったので、輝度レベルが低く出ていルかも知れません。
あくまで私が見たイメージということになります。


テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

天体スケッチ | コメント:6 | トラックバック:0 |
| HOME |