みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

水星食!

29日10:30頃から、月年齢2の月を探し始めましたが、正午過ぎまで見つけられず失敗しました。天気が割りと良かっただけに残念です。太陽が山陰に隠れてからその方向を双眼鏡で覗いて見ると、、、。
MC.jpg

いた。

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:1 | トラックバック:0 |

GENESIS44シリーズ

 日食観望には双眼鏡が最適だと思いますが、15年前に買ったフジノン(150×25対空)では大きすぎて遠征には向かないので、来年のために思い切って購入しました。比較検討したのはツァイスとスワロフスキーの50mmクラスです。今年(2008)の天ガの6月号に比較記事が出てましたが光学系(ピントデータ)は遜色なし。コーワはフィールドスコープでは世界的に評価が高く、その技術を双眼鏡に盛り込んだとのことでした。「双眼鏡好き」さんのHPによると使い勝手はスワロフスキーの方がよさそうな印象でしたが、実売価格は(2008年夏の時点で)倍近く高いので予算の関係からコーワにしました。

 視野の印象は、中心像が非常にシャープで抜けがよく、月で確認したところ色収差が殆ど出ていませんでした。紅葉でも鮮やかな再現性を確認できました。周辺像もそれほども崩れなくて、自然な感じです。天の川探訪にはもってこいでした。驚いたのは某社の50mm×7倍(価格は10分の1ですが)より明るい(暗い星が良く見える)ことでした。プリズムのコーティングで100%近い反射率になるC3とかいう技術を導入したそうです。数値だけではわからない部分で非常に力が入っているなと感じさせられました。いい意味で日本製らしさを感じさせる仕上がりです。

 使い勝手の感想として、眼福調整、ピント調整が非常にスムーズです。しかし、右目個別調整時の方法は少し慣れが必要です。アイカップを回し上げてからピント調整レバーを上に移動させ、これを回転させピントを調整します。このレバーが少し固いです。調整後、レバーを下ろすとそこで固定されます。最初、このやり方がわからず取説を読みました(普通、読むけど、、、)。

 何より有りがたいのは、視度調整範囲が-10deg(多分)くらいまであって超ド近眼の私でも裸眼で使えることです。ツアイスやスワロフスキーは±3~5degだったと思います。近視の多い日本人向け仕様でしょうか。とにかく裸眼で見れるのは快感で、それだけでも、これにして良かったと思っています。

 ただ、唯一不満上げるとすれば950gと重い事です。女性が手持ちで長時間見るにはきついかもかも知れません。私は筋力トレをして来年の日食の時までに6分間は持てるようになりたいと思っています。来年、このシリーズで33mm8倍が発売されるようです。軽量化を考慮しての事かも知れませんね。
 
KOWA/コーワ双眼鏡 GENESIS44 10.5x44 プロミナーPROMINAR バードウォッチング 10.5倍KOWA/コーワ双眼鏡 GENESIS44 10.5x44 プロミナーPROMINAR バードウォッチング 10.5倍
()
不明

商品詳細を見る


 で、10.5倍は明るさの理論値が17.6ですが、8.5倍は27です。10.5倍で普通の50*7より明かるいのですから8.5倍の方はどうなるのだろうかという好奇心がムラムラと湧き上がってきました。気になってwebを見ると協栄産業でオプションストラップ(定価4500円)付きで価格が500円(トータルで5000円)下がっていました。1週間ほど悩みましたが、ワントニックポニーさんの「買うしかないよ~~~。」という発言に後押しされて、星見用に購入しました。

KOWA/コーワ双眼鏡 GENESIS44 8.5x44 プロミナーPROMINAR バードウォッチング 8.5倍KOWA/コーワ双眼鏡 GENESIS44 8.5x44 プロミナーPROMINAR バードウォッチング 8.5倍
()
不明

商品詳細を見る


外見はまったく同じです。唯一、ピント調整のツマミにある倍率表示が異なるだけです。接眼レンズの構成が異なり、見かけ視野が10.5倍の65度から60度なっています。月のない夜に明るさチェックするのが楽しみです。
追記:GENESIS33情報 ×8、×10の2タイプ、重さ 590g 見かけ視界 64度、アイレリーフ15mm、価格44より安い。発売まだ先。
×8が欲しいなぁ。これは人気がでるような気がします。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:4 | トラックバック:0 |

冬の観望用防寒グッズ

 本格的に冬の寒さになりましたが、空はキレイで晴れの日も多くなりました。そこで、防寒対策が必要になってくるわけですが、まず、手袋を新調しました。アクシーズクイーンのこれです。
手袋が2重になっており内側が5本指、外側がチャック付きの2本指(?)タイプ。細かい作業が必要なときだけ内側の5本指を使えるようになっていて、さらに親指、人差し指、中指は直接指が出せるようにキャップ構造になっています。これはカメラ撮影を意識して作られたものですが、星見にも使えます。値段はちょっと高めですが、偶然、昨年のモデルがバーゲン価格で出ており約半額で入手できました。これで-20度まで大丈夫です。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

元気ですか?

yaoki.jpg

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:7 | トラックバック:1 |

最近読んでいる本

 ユニークな視点で書かれた科学書です。久しぶりに覘いた本屋で見つけました。少し前に出たもので「マントル・が、、、。」の故・竹内均さんが監修で前書きを書いています。本文はもし地球が「・・・」だったら、もしまわりの状況が「・・・」だったら、と全10章から構成されています。「もし、月がなかったら」、「もし、月が地球にもっと近かったら」、「もし、地球の質量が小さかったら」、「もし、地軸が90度傾いていたら」、「もし、太陽の質量がもっと大きかったら」、「もし、ブラックホールが地球を通り抜けたら」 どうなっていたかが科学的に検証されています。これを読むと我々の住んでいるこの地球がいかに脆弱で奇跡的な幸運の上に成り立っているか、そのかけがえなさが認識できます。最終章は「もし、オゾン層がなかったら」という、今、現在向かいあわぜるを得ない状況を提示して締めくくっています。

もしも月がなかったら―ありえたかもしれない地球への10の旅もしも月がなかったら―ありえたかもしれない地球への10の旅
(1999/07)
ニール・F. カミンズ竹内 均

商品詳細を見る

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

テレコンビノ

双望会で話題のテレコンビノです。簡単な工数でできないものかと考えました。
構想2カ月、製作20分。材料費100円以下です。

まずは40mmタイプ(眼福60mm以下)から。接眼部側で固定します。
teleb1.jpg
teleb2.jpg

50mmタイプ(眼福60mm以上)です。対物側で固定します。ゴムシートを巻いただけなので取り外しできます。
teleb3
teleb5.jpg

どちらも工作は塩ビパイプにネジ穴を4つ空けるだけです。
スペーサーとして40mmは接眼側、50mmは対物側に1mmのゴムシートを使っています。
40mmの方は接眼キャップがちょうど良い厚さなのでそれを利用する手もあります。
ビスは4mmを使用、長さは眼福により異なります。

材料費内訳(40mmタイプ) 塩ビパイプ 25円×2、ビス 6円×2、ワッシャ、ナット 1円×14
ケンコー デジカメ用テレコンバージョンレンズ(海外用) 980円×2 計 2036円 

補足:K社で発売しているロシア製の14800円と同じような視野が楽しめます。
但し、レンズはガリレオ式なので裸眼で視力が出ない人は無限遠はピントが合いません。
レンズはネットで購入できます。双望会のあとすぐ、品切れとなりましたが、しばらくするとまた在庫が補充されていました。どうしても欲しい方は一度であきらめず時間を空けて探してみて下さい。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:15 | トラックバック:0 |

こんなのありました2

ヤマさん、早く作らないと浮気されちゃいますよ。

rb16_prototype2.jpg
rb16_van1.jpg
rb16_van2.jpg
車はDodge Grand Caravanだそうです。
RB-16 Reverse Binoculars 16" f4.8
$12,995.00

Features Ease of Use (no bulky, complicated or expensive mount, just look down into the binocular to see the sky behind you) Six motors for adjusting inter-ocular (eye) spacing, focusing and optical tube alignment with the touch of a button Reverse Crayford focusers Fold-away motorcycle type handle bars for pointing the instrument Handlebar and wheels for easy movement of the instrument Compatible with MAX computers Battery operation JMI's celebrated quality construction Specifications Type: Dual Newtonian reflectors Mount: Alt-Az moun attached to a pier mount Mirrors: 16" f/4.5 primary mirrors, 3.1" diagonal secondary mirrors Diagonals: Erect Image or Regular (specify) Clearance Between Light Paths: 10" Eyepiece Spacing: Variable from 2" to 3.25" Alignment: Motorized x and y axis for optical tube alignment Power: 6vDC operation with 4.5 amp-hour rechargeable battery with 110vAC/60Hz or 220vAC/50Hz charger (specify). (Anticipated battery life will be measured in months.) Binocular Weight: Approximately 175 lb. Pier Weight: Approximately 29 lb. Binocular Height: 77.5" at Zenith (measured from top of binocular to bottom of tripod with binocular in vertical position) Binocular Length: 69" Binocular Width: 46" Binocular Depth: 22.5" Standard Equipment Two 2" RCF-1 Focusers with Motors for motorized focusing Two 30mm Wide Angle Eyepieces Telrad Finder Scope Battery: 6vDC battery (includes AC charger) Built-In Handle Bars permit easy movement of the scope Prices and features are subject to change without notice. RB-16 Standard Price Standard RB-16 Any upgrades or options are at additional cost. RB16 $11,995.00 -------------------------------------------------------------------------------- Crating Charge Enclosing the binocular in shipping crates—required for shipping. $250.00

Add to Cart:

Model: RB16
Shipping Weight: 200lbs
0 Units in Stock
Manufactured by: Jim's Mobile Inc

どなたか入手したら見せてください。

ちなみに下の6インチ(f5)は$2795です。
rb66_p2.jpg

この方が作っているようです。来年の双望会に来てもらえないでしょうかね。

(他に14.5、10、6.6inchもあります)

追記:おおよその値段は16インチが$13000、14.5インチが$11000、10インチが$5000です。shippingの$250はUSA国内での話で、海外発注は別に必要でしょう。個人注文に応じてくれるかどうかは問い合わせ中です。以前、国際光機での扱った事があるようですが、現在は不明です。参考までに1インチ=2.54cm、1ポンド(lbs)≒454gです。ヤマさんは現在、250mmの反射双眼鏡製作の受付準備中で近々、正式見積もりが出せるようになるとのことです。筒は○○○○○250になるというコメントが、、、、、。正式に決まったらお知らせします。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

星・自然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

MBT

 マサイ族の生活からヒントを得て商品化されたフィットネスシューズです。
「広大な自然を生活の場としているマサイの人々は主に裸足で歩きます。柔らかで決して平坦でない不安定な大地を歩く事で、人間の潜在的な歩行能力は覚醒します。 その優れた歩行技術をスイスのシューズテクノロジーがMBT<M:Masai(マサイ)、B:Bearfoot(裸足)、T:Technology(技術)>に結集しました。」とあります。

 一昨年、会社の人から噂で聞いていたのですが、近所になくてこの前たまたまネット検索したら販売店が見つかりました。折りしも、健康診断で再検査を行ったばかり、気になっていたので購入しました。「履くだけで痩せる」というのが売り文句です。そのまま鵜呑みにする気はありませんが、体の2/3は好奇心で出来ておりますので、思い切って購入(値段は普通の靴の3倍します)しました。
最初はインストラクターというか資格をもった店員さんに履き方を教わり、1日15分で慣らしていって
1週間くらいで慣れるそうです。

 まだ、3日目なので効果の方はなんともいえませんが、これを履いて自然に歩くには、「親指を上に上げる」、「背筋を伸ばす」、「側面の腰骨を動かす」という感覚を身に着けなくてはなりません。そうする事によって今まで使っていなかった筋肉を目覚めさせるという感じです。

 普通の靴と違うのはインナーと底の形です。底は踵の部分が丸くなっていて、そのままではグラグラします。左右も均等に平らではなくバランスを取らなくてはなりません。したがって、早く歩く事はできないのですが、姿勢がよくなっていくのは実感できています。

 今を基準にして、毎週、体重の変化をコメントで報告したいと思っています。現在は標準体重(BMI値22として)+5.3kgです。お皿食事制限、運動量増加も同時進行しますので、この靴だけの効果だけとは言えないかもしれませんが、参考にしていただければと思います。

テーマ:健康 - ジャンル:心と身体

雑学 | コメント:2 | トラックバック:0 |

シリウス伴星

 そろそろ見え始めるのではないでしょうか。
sirius_20081205151714.jpg

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

燃える樹

 昨日は最高の夜空でした。何しろ星の数が昨夜までとは違いました。バックヤードが2等以上は暗くなっていたと思います。連続3日目なので23時から軽く流そうと思って見始めたのですが、ついつい長居してしまいました。面白いように未見の天体をサーチする事ができました。今のところ2時間で見開き1ページ(Observer’s Sky Atlas)の観望ペースですが、昨夜は一気に3ページも進みました。事前計画を建てていればもっと行けたかも知れません。極めつけは、まさか見えると思っていなかったオリオン座三ツ星の左の上のやつ。25倍なので馬ではない方(TAKさんが鍋観で見えたと言っていたもの)です。最初は接眼レンズが曇ってきたのかと思いましたが、他の星は点状に見えていました。そらし目だと何やら黒い筋らしきものが見えるのです。ネビュラフィルタはなしです。M42がいつもの2倍弱の広がりで見えてましたから、かなり良い空だったと思います。締めは今年3回目となる串刺し団子と自宅では初めて見たレンズ越しの南極老人星でした。双望会で覚醒した第7チャクラ(サハスラーラ)が急速に開いております。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

親バカならぬオジバカですが、、、。

 島根にいる小学1年の姪っ子から嬉しい絵日記が届きました。
shino.jpg
このまま、素直に育ってくれればと思います。
(追記:携帯の方は読みにくいかと思いましたので文章のみ抽出します。
  「きょうめずらしいものをみました。
  ほしとみか月で、できたにこちゃんマークをみました。ふしぎだとおもいました。
  まちをみているみたいでした。またみたいとおもいます。」)
 
ちなみに同日、私が会社の帰りに撮ったのがこちらです。
nikoniko.jpg

翌日は「困ったちゃん」顔になりましたが、会社の仕事のできる後輩が2つの写真を見て、同日の関東と関西の写真だと思い込んでいました。日本の教育の歪みみたいなものを感じ、一抹の不安を覚えました。
旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

キリバイカイロ

 桐灰懐炉はもう古い、っていうか知らない人の方が多いような気がしますが、、、。今は充電池で暖める時代です。私も会社の新し物好きの方から聞いて一昨日知りました。早速、購入して昨夜の観望の時に使ってみましたが、結構使えます。すぐ温かくなるし、急速と普通と温度は2段階選べます。設置方法を考えて鏡筒に巻けばレンズの夜露対策もできるんじゃないでしょうか?カイロ本体で充電できます。もちろん充電池単体は従来の充電器でもOK。値段がちょっと高いなかと思ったのですが、エネル-プが2本同梱されていました。デジカメ用に買い足そうと思っていたので調度良いタイミングでした。昨日はこれのおかげで3時まで活動できました。
三洋電機 eneloop kairo(エネループ カイロ)充電式カイロ単3形【白】 KIR-SL1S三洋電機 eneloop kairo(エネループ カイロ)充電式カイロ単3形【白】 KIR-SL1S
()
不明

商品詳細を見る


もう、カバンの中を「まっくろくろすけ」にする心配はありませんね。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:4 | トラックバック:0 |

香嵐渓

鍋観の帰りに、どうせ混んでいるなら皿まで、と寄り道しました。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
4.jpg 5.jpg 7.jpg
8.jpg 9.jpg 10.jpg

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

嬉しい悲鳴!!

 日曜日から連日晴れの天気が続いています。夏のストレスを一気に発散するように連夜、星空観望をしています。家の狭い庭で隣接しているご近所さんの明かりも多少ありますが、影になるところを探して、細かい事は気にせず双眼鏡を空に向けています。

 caldwell天体はここでは無理なようなので、observer’s Sky Atlasの250星雲星団を指標にしています。昨日はG村でハットリさんのBigBinoで見せてもらったハッブル変光星雲に挑戦。9.5等、バックグランド10等級でOKの表示、サイコロマークも黒2つ(75mmガイドスコープ級、黒6つで肉眼、1つで150mm望遠鏡という目安です)なら楽勝かと思いましたが、いざ探しはじめると中々見つかりません。しばらく格闘して、なんとか位置は把握できたのですが、どうもその場所に見当たりません。もう一度、データを見直すと、Size 1.8’でした。25倍では星雲状の姿を確認するには小さかったようです。鍋観でお会いしたAguiさんの写真を眺めて心の補間をしました。

 毎晩21時に始めて、夜露が降りてくる0時頃まで観て、冷えた体をお風呂で暖めて就寝するというパターンです。星図を見ながら目標天体を探すのってパズルを解く面白さがあり癖になります。天気がこちらの都合どおり行かないのも、面白さの一要因になっていて、日頃の健康管理と準備も欠かせませんし、どんどん深みに嵌(はま)っています。ちなみに使用機材はFUJINON 25×150EM-SX(対空双眼鏡)です。

 目標探索の後、寝転んでGENESIS44×10.5で冬の星座散歩をするのも良いですね。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんなのありました

 みなさまのおかげで最近ようやくこの記事の意味がわかるようになりました。
日本ではいくらになるのでしょうかね?

17mm Ethos Pre order due mid Dec TWO LEFT
$750.00
New Arrivals: Ethos 6mm & 17mm! Celebrate the start of the International Year of Astronomy 2009,the 400th anniversary of Galileo's first use of an astronomical telescope, by showing friends and neighbors the best of our wonderful universe.

The Tele Vue philosophy (Ethos, if you will) has always been about inspiring “spacewalk” vistas by creating the finest “rich field” refractors and wide angle eyepieces. We hope the introduction of these new Ethos models will further rekindle the appreciation of astronomy and support all the worthy goals of IYA 2009. It’s been quite a challenge to develop new Ethos eyepieces to the same performance standards achieved by the 13mm and 8mm models, perhaps the most honored in history. We hope the increased field of the 17mm and increased power of the 6mm will open up new visual experiences that Galileo could hardly have imagined, from small refractors to the largest Dobsonians.

17mm Ethos Specifications Apparent field: 100°
Focal length: 17mm
Effective field stop: 29.6mm
Eye relief: 15mm (accepts DIOPTRX eyesight astigmatism correctors)
Barrel size 2”
Weight: 1.55 lbs (24.8 oz.) 6mm Ethos Specifications Apparent field: 100°

Model: ETH-17.0
Shipping Weight: 5lbs
0 Units in Stock(在庫なし)
Manufactured by: Tele Vue

ちなみに6mm、8mmが$585、13mmが$620でした。

星・自然 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |