みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

こ、これは、、、。

今日、書店で見て衝動買いしました。中身はまったく見ていません。

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション)ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション)
(2009/06/19)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:最近のお気に入り - ジャンル:趣味・実用

トカラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ボゼ祭りと日食 (補足)

既に連載(?)は終了しておりますが、トカラのnananotakaさんより貴重な情報を戴きましたので本文に追記しておきました。その他、参考までに費用と思い出した事を付け加えておきます。

ツアー代金:35800+5000(フェリー寝台料追加分)円
交通費:JR(塩尻-博多)38560円(新幹線+特急乗り継ぎ,往復割引適応時)、高速バス(博多-いずろ)往復8000円(片道のみだと5300円)

最後にアンケートがあったのですが、その中でツアー代金について「倍でも参加しますか?」という項目があり、何故ですかと質問したら、現在は県がツアーにかかる費用の半額を補助しているそうです。補助がなくなれば6~7万円になるかも知れませんのとの事でした。
トカラ | コメント:1 | トラックバック:0 |

ボゼ祭りと日食(最終回)

 お盆の最終日のためか各島に着く毎に多くの人が乗り込み、客室が足りないくらいに増えてきました。すると食堂に固定されていたイスや机が取り去られ2等船室に早変わりしたのです。これにはちょっと驚きました。ちなみに昼食は、普段めったに入れない船員用特別ルームでいくつかにグループ分かれて順次いただきました。フェリーは順調に進み予定より早く18時半に鹿児島に到着しました。
ka1.jpg

船内で知りあった鹿児島の方に「く●い○ラーメン」がおいしいとの情報を元に探して発見しました。締めはやっぱり「ラーメン」です。
ka3.jpg

デザートは別腹です。ダイエット?、、、明日からです。
ka4.jpg

ホテル代を浮かすため帰りは夜行バスで23:30に出発。朝5時に到着した博多で新幹線に乗り換え無事帰路につきました。(了)

 これでひとまず今回の悪石島ボゼ祭りツアー記はおしまいです。タイトルに日食とありますが、日食をキッカケにトカラ列島を知ったのでつけましたが日食の情報がないと思われる方には朗報があります。10/26(Sun)に東京で日食情報センター主催の詳細な報告会があります。場所: 富士フイルム 西麻布本社ホール 12:30~17:00 (開場12:00)です。今年の8・1の日食報告と来年の観測地や状況について最新の情報が手に入るはずです。URLはこちらです。交通機関が止まらなければ私も行こうと思っています。(ちなみに20年前のユーライアヒープの日本公演は大雨で電車が止まり行けませんでした。思えばあれが最後の...。いや希望は捨てまい。)

 次回からは「2大彗星を捕獲せよ!オーストラリア独り旅、何故か途中でタスマニア漂流記、3000km走破、あー車が、、、。でもなんとか生きて帰れてよかったね○。(仮題)」に向けて資料探索中です。デジカメが2メガの時代でメモリー容量が少なく苦労しましたが、思わぬ助っ人が、、、。4年越しの約束が今果たせます。
トカラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

ボゼ祭りと日食(30)

平島で朝食を積み込んだのですが、これが最高でした。おおきな葉に包まれたおしゃれな逸品で、4、5品あったと思いますが、どのおかずも、デザートもおいしくて言うことなし。一瞬で平らげてしまい写真を撮るのを忘れ、紹介できないのが残念です。

そうこうしているうちに、来るとき寝過ごして撮影できなかった中之島に到着です。
n1.jpg
n2.jpgn3.jpg


 横断幕は悪石島に比べると地味な感じですが、センスの良さを感じます。実はこの横に黄色いペンキで殴り書きしてあるのですが、、、。見なかったことにします。
n4.jpg

大きな島で一枚に収まりきれません。頭の中でパノラマ化してください。
na2.jpgna1.jpgna3.jpg


トカラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ボゼ祭りと日食(29)

なんと港には来たときとは違う横断幕が、、、。
a1_20080928212955.jpg
「気をつけてお帰りください。さようなら」とあります。

お盆で島に帰省していた若い衆も大勢いるようです。名残惜しそうに手を振る島の衆。私の記憶に間違いが無ければ、先頭の青い作業服を着て歩いているのは登山家 野口健さんが来島したときに案内を務めた漁師の肥後さんです。野口さんが船から下りて握手した後、妙な間がありました。肥後さんはずっと船の方を見たままなのです。野口さんは「今日は、天気は大丈夫そうですね。」と話しかけても「ええ、天気は大丈夫そうです。」と心ここにあらずといった感じでずっと船の方を見ています。そのうち「野口さんはまだですかね?」と言い始めました。「!?」キョトンとする野口さん。思わず、「野口さん、これ。」と自分で自分を指差します。「ああ、これは、どうも、、、。」この様子はDVDに収録されていると思います。未来のミス悪石島、えほんちゃんは残念ながら来ていませんでした(現ミセス悪石島のお母さんは来てました)。
a4_20080928213035.jpg

これから諏訪瀬島、平島に寄りますが来るとき紹介したので、次回は中之島です。
トカラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT