みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

一日5000円未満の旅 最終回

人家と茶畑のほか特に何もなかったのと、暗くてよくわからないので、早々と駅に戻ります。まだ1時間近く待ち時間があるのでゆっくり駅ノートが読めるなぁと思いながら駅舎のイスに目をとめると、駅ノートがフタ付きプラスチックのケースの中に保管されていました。これなら雨風の心配もありません。ところが、いざ読もうとすると、2冊目のノートがありません。何者かによって持ち去られたようです。3冊目のノートの表紙にその旨、記述がありました。有名人の書き込みかなにかを見つけて欲しくなったのか、はたまた個人情報が載っておりその情報の漏洩を防止するための行動かはわかりませんが、いかなる事情があるにせよ駅ノートを持ち去るなどとは不届き千万。多くの鉄道ファン、秘境駅ファンはこのような心無い行為に怒りや悲しみを禁じえない事でしょう。3冊目は比較的最近、1冊目はかなり以前の日付けだったので時期的に一番盛り上がっていた頃の記録がなくなったものと思われます。
あとはボーっと電車が来るのを待ちます。

最後のキップです。
n12.jpg

これで全行程終了です。トータルの歩行距離は3(出発駅まで)+4(田本)+6(金野)+8(小和田)+3(中井侍)+3(帰宅)=27kmでした。半分は地下鉄大江戸線 六本木駅の階段と同じ角度の登り坂です。メタボ対策にもなりますので皆様もぜひお試し下さい。


スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

秘境駅 | コメント:2 | トラックバック:0 |

一日5000円未満の旅(13) 中井侍駅

後ろ髪引かれる思いですが、本日最後の中井侍駅に向かいます。
n1_20081020001901.jpg

辺りはすっかり暗くなってきました。
n4_20081020001947.jpg
n3_20081020001931.jpg
n11.jpg
n10.jpg
駅のすぐ上が人家です。おばさんが庭で何か手入れをなさってました。暗いので駅構内のこの地図だけが頼りです。
n9.jpg
n8.jpg

線路に向かって左側は天竜川です。上に行く道が右側にあるようです。暗い中進んで行くと、
n2_20081020001918.jpg

このような家はこれだけで、その先には普通の道路があり、ジグザグに登りになっていました。
n5.jpg

それに歩いていくと、山側はやはり茶畑でした。集会所に通じる道まで登りきるのにそんなに時間はかかりませんでした。
n6.jpg

やや登った所で川側をみると、反対側の山の中に怪しげに光る何かがありました。
n7.jpg

テーマ:鉄道情報 - ジャンル:趣味・実用

秘境駅 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一日5000円未満の旅(12) 小和田駅5

駅に戻って駅ノートを見ましょうか。
o41.jpg

すると思い出の日記という黒いバインダー4冊に仕分けされた大学ノートをまとめたものが机の上の本立てに並べられていました。
その机の上にこのような新聞記事がありました。先ほどの家に住んでおられる方のことが詳しく書かれていました。
o42.jpg

この方たちがいなくなったら、この駅もなくなるのでしょうか?


テーマ:鉄道情報 - ジャンル:趣味・実用

秘境駅 | コメント:3 | トラックバック:0 |

一日5000円未満の旅(11) 小和田駅4

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、、、、、。
o27.jpg

下を見ないようにして、
o28.jpg

軋み揺れる橋をなんとか渡り先に進みます。左手に先ほど渡った川が流れています(真ん中の写真)。
o29.jpg

かれこれ40分ほど歩きました。人の住んでいない家がありました。塩沢集落まではまだありそうです。途中ですが時間が来たので今回は(?)ここで引き返します。
o30.jpg

崩れたガケと小さな滝は、どの駅にも共通してありました。
o36.jpg

帰りは下りなので楽です。そろそろ夕暮れです。
o37.jpg

見たことのない植物が廃屋の周りにありました。ウリかブドウでしょうかね。
o38.jpg

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

秘境駅 | コメント:2 | トラックバック:0 |

一日5000円未満の旅(10) 小和田駅3

左に天竜川を見ながらしばらく行くと、
o24.jpg

人家があります(これは帰りに撮ったものですので、裃逆になります)。
o31.jpg

BSは入るようです。
o32.jpg

露天ブロ?
o33.jpg

斜面を利用した畑のようです。
o35.jpg

これは何の看板でしょうか?生活物資運搬とあります。謎は駅に戻ってから判明しました。
0124.jpg

このことらしいです。
o40.jpg

さらに奥に進みますと、金網で補強された路肩の道が続きます。足元が少し揺れます。
o25.jpg

なにやら橋があります。
o26.jpg
渡る?渡らない?時間的には余裕はありますが、、、。使われているのかな?

テーマ:鉄道情報 - ジャンル:趣味・実用

秘境駅 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT