みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

近況

双望会にも参加せず星関係からはすっかり離れております。
で、最近はどうしているかというと、

この中の1冊が手元にあるという状況です。

nanami.jpg

今月17日発売の写真集で、今回のイベント用なら800冊あるはずです。

既にワニブックスからのネット通販で予約済みでしたが、
神田の書店で握手会があるのを知り急遽参戦することにしました。

3冊購入でチェキ2ショット撮影は早々と完売したようで、
1冊(サイン本)購入で握手会に参加しました。3日前に電話予約して420番目でした。

受付番号で開始時間が異なり、混雑を避けているようですが、
当日早めに行ったら進行が早く列が途切れそうなので、
並んでかまわないとのことで、予定より早く会うことができました。

書店最上階の8畳位の部屋を一方通行で出入りするので参加者以外は本人を見ることはできません。
中には受け付け、案内、ガード、本を渡す人が各1人いました。
2ショットチェキ用に椅子があり、彼女はその後ろに立って撮影という段取りです。
握手は間に長机をひとつ挟んで行われますが、10秒くらい話せました。
その間こちらの目を見てくれるので、こちらがドキドキしてしまいました。

やはり芸能人はオーラが違います。TVや写真で見るよりきれいでした。

「初めまして、ミスマガジンのときから応援しています。すごくカワイイですね。」

「そんなことないですよぉ。」

「1冊通販で予約してあるんですが、今日会えると知って来ました。応援してます。」

「ありがとうございます。」

、的な感じでした。

前に人と同じ時間間隔で調整しましたが、あと一言くらいは話せたかな?
案内人の視線を後ろから感じたので早めにこちらから手を離しました。

しばらく余韻に浸って、本屋内を色々見てから外にでました。
出口には出待ちをしている追っかけらしき方々が何人かいました。

本人に直接会えるのは都会のメリットですね。

スポンサーサイト
桜庭ななみ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |