みんなで星を見上げれば...

星を見ることを忘れてしまった人々の行く先に希望はあるのだろうか?新たな希望の地を求めて旅立ちの準備をすることにしました。よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。

炭素星の楽しみ 4


昨日は空が晴れ渡り、休業休日で、月も21時過ぎまで出てこないし、
なによりとお隣さんが帰宅していないので、庭が暗いという好条件。
気温が5度ですが、18時半から20時半までDualiy250で炭素星の捜索にでかけました。

今回は夕方ならまだ天頂にある白鳥座の新規開拓を目指しました。
表を見ると12個もあります。Sky-Atlas2000で座標と照らし合わせて TT、AX、SV、U、V に挑戦しました。
ところが2週間も晴れ間から遠ざかったいたのと、天頂なので東西南北の方向(東西正立、南北裏象)が定まらず、覗いたものと星図がうまくリンクできません。

しかたないのでデネブからアステリズムを作りながら、ファインダーで捜索しました。
いきなりオレンジ色が飛び込んできて楽勝と思いきや、赤ではありません。
そう、炭素星は「赤い」のです。

さんざん悩んだ挙句、SV (m8.5、N3、C7,4)、U(m6.7-12、Npe、C9、2e)をみつけました。

cyg.jpg

その後、近くにあるはずの V を探しましたが、どうしても星図の場所にありません。
さんざん迷いましたがついに月の出のタイムリミットが近づいてきました。

今回の新規は2個でした。

あとで調べてみると、V は 421日周期で 6.8等から13.8等まで変化するとありました。
11等以下だと庭観では難しいことを思い出しました。
極小期だったのかも知れません。

次回からは極小期の等級が小さいものは深追いしないようにしようと思う次第です。

晴れの日が続かないとまた捜索技術がリセットされてしまうのが悩みの種です。


スポンサーサイト
炭素星 | コメント:4 | トラックバック:0 |

炭素星の楽しみ 3

昨夜、23時過ぎに外に出てみると、予想に反して広い範囲で星が見えていました。
あと1時間で月没なのです。透明度、シ-イングとも芳しくないので、deep skyには向かないかとも思いましたが、良い機会なので一昨日断念した炭素星を探すことにしました。

うちのガレージの脇からオリオンが見えてきた所だったので、
炭素星W(HD32736:N5;C5,4、6.5-10.0、J210)に狙いを定めました。
場所はオリオンの盾の下の 8π5→10π6→東の2重星→Wの所です。SkyAtlas2000のNo.11にありました。
c1.jpg

炭素星は変光星の割合が高いようです。オレンジ寄りの赤色でした。
私の場合、炭素星はそれと知ってジックリ見ないと色がわかりません。流し見ですと判別できません。
それとわかればGENESIS8.5×44でもわかるのですが、色の判別には集中力が必要なのかも知れません。
確か視覚の色感度は輝度感度より低いとNEWTONに書いてありました。

次は一番有名なうざぎ座のクリムゾンスター(N6e;C7,6e;5.09-11.0 J427)。
これは簡単に見つかるだろうと思っていたのが大間違い。
今は少し暗い時期なのかもしれません。なかなか星図から読み取れません。
場所は、リゲルの南にある台形(7ν,3i,6λ,4κ)の南、ウサギ座の5μを基点にカエルの手の西にある細長いひし形のすぐ東です。
c2.jpg

ちなみに場所記述は、自分用のメモなのであまり気にしないで下さい。
その場所をジックリ凝視すると、見事な赤い星が見つかりました。
ちょっとしたカルチャーショックです。
血のような赤。気の弱い方はご注意下さい。

炭素星は星の配置を覚えるのにちょうどよい対象だと感じました。
月があっても見れますし、晴れれば望遠鏡の稼働率も上がりそうです。

目標は炭素星カタログの110個を星図なしで導入できるようになることです。
炭素星 | コメント:4 | トラックバック:0 |

炭素星の楽しみ 2

メシエカタログならぬ、炭素星カタログ 110 がありました。

炭素星110

4.5から8.5等星の炭素星が載っています。スペクトル型と実際の色の違いを比べてみるのも楽しいかも知れません。

今年のジャコビニ流星群は果たしてどうなるでしょうか?
9日の明け方は双眼鏡で同一視野に彗星が2つ見れるかも知れません。そちらも楽しみです。
天気次第ですが、どこで見ましょうかね。
G村か、ORPか、近所のグランドか迷うところです。

追記:彗星の片割れが消えたようです。予想では6~8等だったようです。
炭素星 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |